現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!

ここから本文です
コラム 2018.9.4

ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!
  • ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!
  • ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!
  • ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!
  • ツーリングワゴンもいいけれど、絶滅危惧車の2代目レガシィセダンもチェックせよ!

▲1993年10月に登場した2代目レガシィセダン。ツーリングワゴンばかりが注目され、その影に隠れてしまい目立つことのなかった悲運のモデルだ

5ナンバーサイズを維持したことで高評価を得た

当たり前のことだが、経過年数とともに残存価値が見込まれにくい車はどんどん廃車処分されていく。それがかつてどんなに売れたとしても。

そんな典型例が1993年に登場した、スバルレガシィセダン(2代目)かもしれない。デビュー直前、ステーションワゴンモデルである「ツーリングワゴンGT」が平均速度249.981km/hを叩き出し“世界最速ワゴン”記録を樹立している。

そんなことも手伝って、スポーティなイメージがレガシィにはつきまとう。しかし、開発テーマの継承・熟成」は実直というか……、いささか保守的だった。まぁ、初代が成功を収めたゆえの選択だったのだろう。

面白いもので、車はフルモデルチェンジを経るごとに、より高級に、よりパワフルに、より大きくなりがちだ。レガシィセダンでもボディサイズは多少大きくなったが、初代同様5ナンバーサイズに収まる程度に抑えられている。

そして、エンジンの出力向上もされているが、2L以下という5ナンバーの条件を満たしていた。これはレガシィを購買する層の需要に誠実に応えたもので、バブル崩壊後の不況の中でも売れ行きは好調だった。

ちなみに2代目レガシィの内外装デザインは、日本の自動車メーカーとしては初めての外国人チーフデザイナー、オリビエ・ブーレイが手がけたもの。ブーレイといえば、メルセデス・ベンツの初代Cクラス、マイバッハ57・62などを手がけたことでも有名だ。

そんな人物が手がけた車で中古車流通台数もほんの数台とくれば、それだけで将来的に価値が見いだされるのではなかろうか?

1996年にはマイナーチェンジが施され、上級グレードには日本車として初めてビルシュタイン製倒立式ダンパーが採用された。また、最上級グレードのMTモデルは日本車としては初めて2Lエンジンで最高出力280psに達した。

かつてはカーセンサーnetにたくさん掲載されていたものだが、今となっては片手で数えるほどしかない。海外で第二の人生を歩んでいるのか、廃車処分されてしまったのか定かではないが、とにかくもうレアな存在であることには違いない。

振り返ってみれば25年も前にデビューしたモデルゆえに、ノスタルジックな気分にも浸らせてくれるだろう。少しでも気になった方は、掲載物件をチェックしてみてほしい。

text/古賀貴司(自動車王国)

photo/SUBARU

スバル レガシィセダンの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • d32*****|2018/09/04 12:56

    違反報告

    このレガシィセダン、好きだった!
  • yat*****|2018/09/04 14:59

    違反報告

    正にこの後期型BD5のRSの5MTに13年弱乗ってました!
    GT-Bも勿論良かったですが、乗り比べて後ろが短くて軽いのを実感して一目惚れしちゃいました。
    大き過ぎない車体と強烈な加速と安定しつつも軽い身のこなし、十分な室内の広さとトランクルームに大満足でした。
    燃費は、走りを考えたら十分納得できるものでしたよ。(当時は)
  • sor*****|2018/09/04 23:23

    違反報告

    いちばんちょうどいいサイズのレガシィ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します