現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!

ここから本文です
コラム 2018.7.30

BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!
  • BMW 4シリーズ グランクーペ、それは中高年にこそ最適な車だった!

▲BMW 4シリーズ(旧名3シリーズ クーペ)の4ドア版である「4シリーズ グランクーペ」。30代ぐらいの人にも似合いそうな車だが、各種検討の結果、実は50代から60代の人にこそハマることが判明した

「50~60代ならではの車選び」を真剣に考えてみたい

近ごろ目がかすみ、モノがよく見えない……と、いきなりの私事をどうかお許しいただきたい。30代以下か、せいぜい40代前半ぐらいまでの各位にはまだ関係ない話かと思うが、そのような症状に悩んでいるご同輩各位も多かろうと思ったゆえの告白だ。

不肖筆者は思うのだが、いわゆる中高年と呼ばれる年齢になるというのは「第二の生誕」を経験するようなものではないだろうか。

幼少期から連続してきたもろもろがいったん終わり、少しだけ不自由になった自分の肉体を連れて、人生のまた違う新しい局面が始まる感じ……と言えばいいだろうか。

 お若い方は、こういった話を聞くと「なるほど、年は取りたくないものだな」と思うかもしれない。だが――ご同輩各位はよくおわかりかと思うが――中高年の生活も、これはこれでなかなか悪くないものだ。むしろ、若かった時分より何かと楽しいじゃないか!と思う瞬間さえ多い。

ただ、いろいろなことが若い頃とまったく同じようにはいかない(考え方や行動を少々変える必要が生じてくる)というだけの話である。

そして車の選び方も必然的に変化せざるを得ない。

若かった頃にどんな車を好んでいたかは人それぞれだろうが、中高年には中高年なりの「事情」があり、「傾向」があり、そして衰えた身体機能をアシストする機能などの「必要性」がある。

今回から始まるこのシリーズでは、お若い人には申し訳ないのだが、そんな50代から60代あたりの人だけに向け、「俺たちの/わたしたちの車選び」について真剣に考察していきたいと思う。

 

BMW 4シリーズグランクーペの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します