現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!

ここから本文です
コラム 2018.6.26

ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!
  • ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!
  • ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!
  • ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!
  • ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!
  • ガンガンアウトドアレジャーを楽しみたいからデッキバンが欲しかったのに意外と高い! どうしよう……そうだ、bBオープンデッキがあった!

▲オープンデッキのイメージカラーであるイエローはコンセプトカーの色を再現したもの

トラックとバンのいいとこ取り!

アウトドアレジャーを満喫したいときに困るのが、濡れたものや汚れものの処遇ですよね。

車内に積んでしまうとシートやカーペットなどの内装類が汚れてしまいますし、釣りなどを楽しみたいときも魚の独特の生臭さはできれば車内に残したくないもの。

そこで選択肢に挙がるのが、トラックとバンの中間の存在である「デッキバン」というグレードを持つハイゼットではないでしょうか?

デッキバンであれば濡らしたくない荷物は後部座席に積んで、汚れものや濡れたもの、臭いの強いものは荷台に載せる……といった使い方ができるので、アウトドアレジャーにはもってこいです。

しかし、意外と新車時価格が高く、一番安価なグレードでも120万円オーバー。しかもエンジンはすべて660ccのNAエンジンとなるので、あれこれ積んで走ることを考えるとパワー不足を感じてしまいます。

といっても軽自動車のデッキバンはハイゼットのみの特権なので、そのあたりも妥協しなければならないとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、普通車にも目を向ければ、実はアノ車種があったのです!

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します