現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?

ここから本文です
コラム 2018.5.21 レポート:島下 泰久

世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?
  • 世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?
  • 世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?
  • 世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?
  • 世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?
  • 世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?
  • 世界初の量産FCV「MIRAI」に、今も未来を感じさせる魅力はあるか?

トヨタ MIRAI(写真:トヨタ自動車)

名前はMIRAIなのに、先進装備がほとんど備わらない

私がトヨタMIRAIを購入してから、もうすぐ3年。そろそろ車検の時期が近づいてきた。多くの人にとって、まず車検を通して乗り続けるか、それとも別の選択肢を検討するか迷う時期じゃないかと思う。もちろん私も。現時点での思いとしては正直、もう手放してもいいかな…という方に傾きつつある。

FCV=燃料電池自動車それ自体には、とても満足している。水素ステーションの数は期待ほどは増えていないとは言え、満充填で500km近い航続距離、ガソリンや軽油を入れるのと変わらない充填時間のおかげで、実はそれほど不便は感じていない。まあ慣れてしまったという部分もあるのだろうし、都内在住であることも大きいのは解っているけれど。

じゃあ何が不満なのかと言えば、車両に、先進装備の類が備わらないことだ。先進安全装備、運転支援装備を見ると、ACCは付いているけれど30km/h以下ではキャンセルになるし、操舵アシストは備わらない。車線逸脱警告もナシ。また、ナビゲーションシステムは昔ながらのタイプだし、パーキングブレーキは足踏み式だったりする。この辺りはすべて、デビューの時から不満に思い、また指摘してきた部分である。

しかしMIRAIは登場以来これまで一度もマイナーチェンジを受けていない。一般向けの納車が始まった2015年4月から、すでに3年が経過していても実施されないということは、近々にそういう予定は無いのだろう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kiz*****|2018/05/21 10:42

    違反報告

    この人、頭大丈夫か?
    何をさておいてもFCVという価値で買ったはずなのに、それ以外のことばかりが不満で嫌になってって。。
    だったら、はじめから買うなよ。
  • ruw*****|2018/05/21 09:55

    違反報告

    トヨタが 少し放置気味なんじゃない? 高いんだね びっくり
  • tak*****|2018/05/21 10:00

    違反報告

    装備を追加しても、価格が安くなっても、一般庶民は、FCVを選択しません。政府と自動車メーカーが組んだ、夢物語です。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します