現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!
  • 現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!
  • 現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!
  • 現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!
  • 現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!
  • 現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!
  • 現行型ヨーロピアンコンパクトを買うべきタイミング、それはズバリ「新車より100万円安くなったら」だ!

▲「割安感」と「旬感」とのせめぎ合いを冷静に見つめつつ、自分なりの適切なタイミングを見計らうのが、現行世代のヨーロピアンコンパクトの中古車を賢く買うコツ。(写真は現行型ルノー ルーテシア)

「100万円安」という、なぜか納得できてしまう魔法の数字

例えばルノートゥインゴというフランスの小型車があります。現行型の売れ筋グレード「インテンス」の新車本体価格が189万円ですから、支払総額は210万円ぐらいでしょうか。

そしてその中古車相場は今、もちろんモノにもよりますが、おおむね総額190万円ぐらいです。……新車を買うよりお安いのは確かですが「めちゃめちゃお買い得!」と感じられるかどうかは微妙でしょう。

しかし、同じルノーでもルーテシアというコンパクトカーに目を向けてみると、話はずいぶん変わります。

現行型ルーテシアは2013年9月デビューのまだバリバリ現役で、売れ筋グレードである「インテンス」の新車価格は229万円。支払総額は250万円ぐらいといったところです。

ですが、その中古車に目を向けてみると、走行2万km台までの個体が「総額150万円前後」、つまり「新車を買うより約100万円安い総額」で十分狙えてしまうのです。

「100万円」というキリの良い数字に特に意味はないはずなのに、「100万円安い!」と聞くと、なぜか妙な納得を覚えてしまうのが人間の不思議です。

「まぁ、そのぐらい安ければ、あえて中古車を選ぶ意味は十分あるよね」とかなんとか。

結局のところ、車選びというのは「自分が心底納得できるかどうか?」です。

ゆえに自分のマインドが納得でき、そして実際のコンディションや社会的なイメージも良好な場合が多い「新車よりおおむね100万円安い、まだまだ現行型なヨーロピアンコンパクトの低走行物件」というのは、かなり悪くない選択であるはずなのです。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します