現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.6「先生は全てお見通し」

ここから本文です
コラム 2018.5.11

【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.6「先生は全てお見通し」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.6「先生は全てお見通し」
  • 【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.6「先生は全てお見通し」

僕は登校拒否児だった

今でこそ広く知られるようになったが、30年前の登校拒否というのはまるで精神的な病気のように扱われ、臭い物には蓋をするように、誰もが関わり合いたくない、避けて通りたい、そんな対応をする大人が多かった。当時、登校拒否児だった僕にはそう感じた。

仕事の面接では「どうして中学しか出ていないの?」と、僕が中卒であることについて誰も触れようとはしなかった。それが僕を孤立させる。世間とのズレの象徴だった。横浜の中古車店「カーセンターセレクト」の社長との面接で特徴的だったのは「差し支えなければだけど、なにかあったの?」と触れてくれたことだ。僕は直感でこの人の下でなら、やっていけるかもしれないという感触があった。素直に理由を答えた僕に社長は「わかった、じゃあ、キミの力を貸してください」と言った。

心のしこり、汚点、とまでは言わないが、僕はなにか過去を引きずりながら生きてきた気がする。でも人にはあまり話さなかったし、当然お客様には関係がないことだ。だから僕は「スカッと爽やか」な営業マンとして仕事を楽しむことにしていた。

メルセデス・ベンツ SLKクラスの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します