現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ドイツのディーゼル規制のニュースから日本は何を読み取るべきか?

ここから本文です
コラム 2018.3.5 レポート:清水 和夫

ドイツのディーゼル規制のニュースから日本は何を読み取るべきか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツのディーゼル規制のニュースから日本は何を読み取るべきか?
  • ドイツのディーゼル規制のニュースから日本は何を読み取るべきか?
  • ドイツのディーゼル規制のニュースから日本は何を読み取るべきか?

ディーゼル車すべてが規制されるわけではない

フォルクスワーゲン グループ ジャパンが待望のディーゼル車(パサート)を日本で発売したばかりなのに、ドイツはますますディーゼル車への風当たりが厳しくなってきた、というニュースが話題だ。早とちりな日本の一部メディアは、ディーゼル車すべてが規制されるように報道しているが、実際は古いディーゼル車が対象で、ディーゼル車がすべて規制されるわけではない。逆に、古いガソリン車も規制の対象になっている(バーデン=ヴュルテンベルク州)。

ドイツでは2015年に発覚したディーゼル不正によってパンドラの箱が開き、都市部の大気汚染が年々悪化していることが明らかになった。こうした状況への対処として、古いディーゼル車やガソリン車の使用を禁止する動きが一部の州で出ている。今回の報道は、それらの州による禁止措置が、ドイツの最高裁判所に相当するドイツ連邦行政裁判所によって合法だと認められた、ということだ。

問題の本質は“内燃エンジンから排出される有害物質で汚染された大気をいかにクリーンにするか”という環境保全にある。有害物質はディーゼルエンジン、ガソリンエンジンのどちらからも排出される。早い話が古いエンジンを禁止し、クリーンなエンジンにシフトしようというのが狙いのはずなのだが、どうもドイツではVWのディーゼル不正以降、ニュースの報じられ方にしても、ディーゼルを悪者にする傾向が強い。ドイツ(欧州)のディーゼルは今後どうなるのだろうか。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • spt*****|2018/03/05 17:15

    違反報告

    「何を読み取るか」も何もトヨタのハイブリッドを周回遅れの技術とこき下ろし、クリーンディーゼルを賛美して止まなかった清水和夫が何言ってるの!
  • wfj*****|2018/03/05 17:27

    違反報告

    好き勝手言ってるね。
  • eda*****|2018/03/05 17:25

    違反報告

    全部を日本車にすれば解決する。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します