現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > フェラーリと同じエンジンなのにお買い得なマセラティ

ここから本文です
コラム 2018.2.20

フェラーリと同じエンジンなのにお買い得なマセラティ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェラーリと同じエンジンなのにお買い得なマセラティ
  • フェラーリと同じエンジンなのにお買い得なマセラティ
  • フェラーリと同じエンジンなのにお買い得なマセラティ
  • フェラーリと同じエンジンなのにお買い得なマセラティ
  • フェラーリと同じエンジンなのにお買い得なマセラティ

▲フェラーリ F430とベースが同じV8エンジン。写真はクーペのエンジンで、排気量は4244cc、最高出力390ps/最大トルク452n・mを発揮する

フェラーリ製のV8エンジン、デザインはピニンファリーナやイタルデザイン

年末ジャンボ宝くじが当たったらフェラーリを買う、ということすらもう、ちょっと、どうなんだろうと思う。それくらい近年の中古フェラーリの高値安定は目に余る。

10年前には500万円以下から選べた20年落ちの308が、30年落ちとなった今では1000万円以上する。中古車なら貧乏人にも手が届くはずだった美しい跳ね馬は、さらに高みへと登ったようだ。

予算の都合上、もしフェラーリに手が届かないのであれば、僕はマセラティのV8モデルを買おう。具体的に車種を挙げるなら、マセラティクアトロポルテやグラントゥーリズモ、あるいはクーペだ。

この3台に共通する点は、イタリア・マラネロの工場で作られた、フェラーリ製のスポーティな自然吸気のV8エンジンを搭載していることだ。

デザインだってクアトロポルテとグラントゥーリズモはピニンファリーナだからフェラーリと同じだし、クーペはピニンファリーナの好敵手、ジウジアーロ率いるイタルデザインが手がけた。

マセラティと聞くと、ラグジュアリーカーを製造しているメーカーと思うだろうが、そもそもマセラティはモータースポーツの名門だ。F1黎明期の4年間に8勝するなど、同じイタリア・モデナのチームであるフェラーリと数々のレースでガチバトルを繰り返し、ドライバーやエンジニアを引き抜き合っていた。

高級車メーカーであることは間違いなく、フェラーリと同型のエンジンを搭載しているとなると、さぞお高いと思うであろうが、実はそうではない。

クアトロポルテでいえば、2005年式(13年落ち)の走行距離8.4万kmで支払総額172.8万円(原稿執筆時点の価格)とフェラーリより全然安い500万円以下で十分探せてしまう。

しかも、フェラーリなどいわゆるスーパーカーと違って、紹介する3台のマセラティは高級グランドツアラー、つまり長距離ドライブを楽しめる車だ。

5人乗りの実用性が高いセダンをはじめ乗り降りがしやすく荷室の広さも十分な広さがあるため、日常的な使い方に適しているのだ。

そして、3台とも自然吸気のV8エンジン。ターボ化された現行型フェラーリのV8モデルとは音色が違う。クォーーーーーーーーンと、つい音引きを多用したくなるエンジン音が心を震わせる(といっても室内の静粛性が高いので、外にいた方が気持ちよく聞こえるんだけど)。

とはいえマセラティのV8もターボ化が進んでいる。そう考えるとフェラーリ製自然吸気V8エンジンは、そろそろ絶滅危惧種かもしれないので、気持ちが揺らいだ人はお早めに。

text/ぴえいる

photo/マセラティ

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します