現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた

新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた
  • 新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた
  • 新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた
  • 新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた
  • 新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた
  • 新型アルファードがさらに豪華になった!新旧モデルを比較してみた
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

トヨタ アルファードがマイナーチェンジし2018年1月8日より発売されました。現行アルファードは、2015年1月にフルモデルチェンジを施し、フロントフェイスが大幅に変わったことで話題となりました。

今回はマイナーチェンジですが、またまたフロントフェイスのデザインが変更されています。

発売されたばかりの新型アルファードは先代モデルから何が変わったのか、アルファードの中の上級グレード“エグゼクティブラウンジ”で比較してご紹介します。

新型アルファードのフロントフェイスに注目すると、グリル部分の印象が大きく変わりました。

先代モデルで横長だったグリルは、新型モデルではグリル自体の縦のラインが強調され、範囲はナンバープレートの横まで伸びていることがわかります。クルマの印象を決めるグリル部分のこの変更は好みが・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します