現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 電気かエンジンかという二元論に惑わされず、自動車の未来を語れ

ここから本文です
コラム 2017.12.31 レポート:清水 和夫

電気かエンジンかという二元論に惑わされず、自動車の未来を語れ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電気かエンジンかという二元論に惑わされず、自動車の未来を語れ
  • 電気かエンジンかという二元論に惑わされず、自動車の未来を語れ
  • 電気かエンジンかという二元論に惑わされず、自動車の未来を語れ
  • 電気かエンジンかという二元論に惑わされず、自動車の未来を語れ
  • 電気かエンジンかという二元論に惑わされず、自動車の未来を語れ

GMは現在ゼロエミッションに向け、2023年までに少なくとも20台の新型電気自動車を導入すると発表している。(写真:GM)

20~30年後の未来都市をイメージできるか?

2013年から参加している内閣府の自動運転のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)構成員として、自動運転の社会受容性の醸成を目的とした市民ダイアログ(市民との対話型イベント)を行っている。実際は内閣府が主宰する事業であり、国民の貴重な税金を使うので、その成果を出さないといけない。プレッシャーがあるはずなのに、2050年というかなり先の未来を見据えた“都市デザイン”をテーマに掲げてしまった。ちょっと壮大すぎるかもしれないが、AIや自動運転が本格普及する未来は、モビリティと都市をセットで考えることが必要になるだろう。

30年以上も先の未来をどう語るのか? コンピューターが実用化する遥か以前、1939年のニューヨーク万博に自動車メーカーのGMが出展した壮大な未来都市のジオラマ(フューチュラマ:Futurama)に、まず私たちはヒントを見出した。馬車の時代が終わり、本格的な自動車の時代の入り口に立っていたGMは、自動車が交通インフラの中心となる、20年後の未来都市を夢見たのだ。しかしこの直後に、世界は第二次世界大戦に巻き込まれてしまう。

第二次世界終わると、再び未来を夢見ることができるようになり、1950年代にGMはフリーウェイに磁石を埋め込み、電磁誘導で走る自動運転のコンセプトカーを発表した。実際にテストも行われていたそうだが、家族4人が向き合い、トランプしたり、お弁当を食べながら一家団欒の時間を楽しむことができるというものだった。

SIPの市民ダイアログでは、GMの自由な提案を見習うように、自動運転によって21世紀の都市デザインがどうイノベーションするのかを考えてみたのだ。若い世代ほど興味を持っている。その結果は内閣府のSIP-adus Workshop 2017のウェブサイトで近いうちに公開されるので、チェックしてみてほしい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tra*****|2017/12/31 17:33

    違反報告

    アンタにこそ惑わされずだよ、清水和夫!

    ちょっと前まではディーゼル推し、インチキスキャンダルの果て欧州がEVシフトの大転換すれば、今度は電動になびいてる。
    一致してる言動は、「日本メーカーは劣ってる」「日本人は遅れてる」だけ。

    ってか清水和夫のその他の数多厚顔無恥については、以下割愛。
  • tam*****|2017/12/31 12:13

    違反報告

    今のEVは再生エネルギーの恩恵をどの位承けているかと言えば半分にも満たないでしょう
    結局は火力発電などの電気に頼りHV車よりCO2を出している事にもなる
    こう言うまともな記事がもっと、世の中に出回るべきだ
    金さえもらえば何を言っても良いなんて記者の風上にも置けない輩が多過ぎる
  • aa6*****|2017/12/31 12:37

    違反報告

    ガソリン車もEV車も個人の好みで選べる時代になって欲しい。環境に与える影響は総合的には大差ないので、精密機械加工技術の継承の為には、エンジン車の製造技術は重要です。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します