現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > セダン? ミニバン? ステーションワゴン? トヨタが提案した新コンセプト車マークXジオが、今となっては魅力的に見えてきた!

ここから本文です
コラム 2017.12.27

セダン? ミニバン? ステーションワゴン? トヨタが提案した新コンセプト車マークXジオが、今となっては魅力的に見えてきた!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セダン? ミニバン? ステーションワゴン? トヨタが提案した新コンセプト車マークXジオが、今となっては魅力的に見えてきた!
  • セダン? ミニバン? ステーションワゴン? トヨタが提案した新コンセプト車マークXジオが、今となっては魅力的に見えてきた!
  • セダン? ミニバン? ステーションワゴン? トヨタが提案した新コンセプト車マークXジオが、今となっては魅力的に見えてきた!
  • セダン? ミニバン? ステーションワゴン? トヨタが提案した新コンセプト車マークXジオが、今となっては魅力的に見えてきた!
  • セダン? ミニバン? ステーションワゴン? トヨタが提案した新コンセプト車マークXジオが、今となっては魅力的に見えてきた!

▲1台3役、そんなうまい話があるわけがないと思いきや……?

トヨタが打ち出した、新コンセプトサルーン

自動車というものは便利なもの、というのは今さら言うまでもないほどの事実です。しかし、快適に移動したいとき、人を乗せたいとき、荷物を載せたいときなど、使うシーンによって重視するポイントが異なってくることも、また事実。

もちろん、シチュエーションに合わせた車を複数台所有できればそんな問題に直面することもないでしょうが、なかなか現実的ではありません。

また、3列シートミニバンが欲しいけれど、マンションの駐車場が立体駐車場で1550mmを超える全高の車両は物理的に入らないというユーザーもいるのではないでしょうか。

そんな悩ましい諸問題を一網打尽にしてくれる、夢のような車種が実はすでに登場していたということをご存じですか?

今回は、そんないいとこどりをしたにも関わらず、斬新すぎるコンセプトが世の中に浸透する前に消えてしまった、時代を先取りしすぎた不遇な車をご紹介いたします!

トヨタ マークXジオの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します