現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > “ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?

“ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?
  • “ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?
  • “ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?
  • “ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?
  • “ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?
  • “ いま風”になったホンダ 新型ステップワゴンスパーダは先代モデルとどこが変わった?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

1996年5月に発売されたホンダ ステップワゴン。発売から20年以上を経過した2017年10月末時点での国内累計販売台数は150万台を超え、依然として高い人気を誇っています。

そんなステップワゴンが2017年9月29日にマイナーチェンジしました。

今回のマイナーチェンジで、ステップワゴンの全タイプに運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を標準装備し、安全性能を高めました。

また、カスタムグレードのステップワゴンスパーダのエクステリアデザインを変更するとともに、2モーターハイブリッドシステム SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD搭載仕様を設定しました。

今回は、ステップワゴンスパーダのデザインのどこが変わったのかを先代モデルと比較してみます。

新型ステップワゴンスパーダは新デザインのシャープなLEDヘッドライトや専用フロントグリルを採用し、スパーダの個性をさらに際立たせるスタイリッシュでダイナミックなフロントマスクになりました。

ボディカラーは、ハイブリッド車が専用色のフォレストグリーン・パールを含む7色、ガソリン車が専用色プレミアムスパイスパープル・パールを含む7色をラインナップしています。

リアビューでは、テールゲートスポイラーを空力に考慮した形状に変更することで、よりスポーティなエクステリアデザインに進化しました。

また、LEDリアコンビネーションランプの意匠が、ハイブリッドモデルとガソリンモデルでは異なっています。

リアドアがタテにもヨコにも開閉できる”わくわくゲート”は・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します