現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も

ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も
  • ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も
  • ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も
  • ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も
  • ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も
  • ジープ ラングラーがフルチェン! 新型“JL”Jeepには新開発の2リッター直4ターボ搭載、今後ディーゼルやPHEVの追加も
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

2017年のLAオートショー最大の話題は、フルモデルチェンジした新型“ジープ ラングラー”の登場だろう。

ミリタリージープから派生した民生仕様のシビリアンジープを表す”CJ”として誕生して以来、世界中で長く愛されて続けてきた伝統のオフロードジープ。セブンスロットグリルの面構えを一瞥するだけでラングラーと判る基本デザインは踏襲しつつも、新型ではややワイドなスタンスへと変貌を遂げている。

タフなオフロード性能を満たすためのボディ・オン・フレームと前後リジッドアクスルという基本構造はもちろん継承されているが、一方で軽量化と燃費向上を図るために、全てのドア、ヒンジ、ボンネット、フェンダー、ウィンドシールドフレームなどには抗張力アルミ材が用いられ、リアのスイングゲートにはマグネシウム素材が奢られている。

新型“JL”ジープ ラングラーのパワーユニットは、ガソリンエンジン2種類だ。

新開発の2リッター4気筒直噴ターボはクラス最高の出力270hpと400Nmのトルクを発揮。3.6リッター「ペントスター」V6エンジンは最高出力285hpと最大トルク353Nmで、アイドルストップ機能がつく。変速機は全車8速ATまたはV6のみ新開発の6速MTのチョイスが設けられている。

四輪駆動システムに関しても、ハイ/ローのトランスファーケース付きのフルタイム四駆をラングラーとして初採用する。

北米でも要望の高いディーゼルエンジンについては、今回のモデルチェンジから少し遅れて2019年に、3リッターV6エコディーゼルがラインナップに加わることになるとのこと。

さらに会場で開催されたプレスカンファレンスでは、2020年にラングラー初の・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します