現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり

共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり
  • 共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり
  • 共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり
  • 共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり
  • 共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり
  • 共感できる?クルマ性能が大幅進化でも50年前から変わらない制限速度での取り締まり
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

2017年11月1日に、新東名高速道路の新静岡から森掛川インターチェンジの約50km区間において、制限速度が従来の時速100kmから110kmに引き上げられた(大型貨物自動車などは従来と同じ時速80km)。1年間の試験的な措置だが、わずか時速10kmとはいえ、制限速度が時速100kmを超えたことが話題になっている。

高速道路に時速100kmの制限速度を最初に設けたのは名神高速道路で、1963年の開通時点からこの速度を設定していた。つまり日本の高速道路の最高制限速度は、54年間にわたり変更を受けていなかった。

しかしクルマの動力性能や動力性能は、50年前と今では大幅に違う。1963年に発売された乗用車は、日産の2代目ブルーバード(410型)、日産と合併する前のプリンス2代目スカイライン(S50型)、いすゞ ベレットなどで、ブレーキは4輪にドラム式を装着するのが当たり前だった。

それが今の新型車には4輪ABS、さらに横滑り防止装置も装着されて義務化が進んだ。横滑り防止装置は新たに発売される新型乗用車には軽自動車を含めてすでに義務化され、継続生産車も小型/普通車は義務化された(軽自動車は2018年2月以降)。急ブレーキを掛けながら、ハンドルも操作して危険を回避する状態でも、挙動を乱しにくくなっている。

かつて時速100kmで走る車両がブレーキをかけてから完全に停車するには、100mの距離が必要だといわれたが、自動車事故対策機構による自動車アセスメントのテスト結果では、フィットやデミオが42m前後で停車している。直進安定性も大幅に高まり、昔のクルマでは・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します