現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発

新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発
  • 新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発
  • 新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発
  • 新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発
  • 新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発
  • 新東名110km/h区間で大型トラックの道交法違反が多発
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

2017年11月1日10時から新東名の『新静岡IC~森掛川IC』約50キロの区間で、最高速度が時速110キロに引き上げられた。早速、同区間走ってみたので紹介したい。

まず上下線共、それぞれ時速110キロ区間の始まる地点に『ここから規制速度試行区間』という標識や自光式の速度表示が出てくる。

事前情報によれば、この区間に限り制限速度が時速80キロとなっている大型車などは、第1通行帯(一番左の車線)を走らなければならない、となっていた。警察のWebなど見たら「速度差に起因する事故を防止する」と書いてある。追い越し車線に時速80キロの大型車が飛び出してきたら危険。この手の規制は世界の常識であり100%賛同したい。

そんなことから大型車の追い越し車線走行を禁止する旨の標識もあるのかと思っていたら、全く無し。制限速度表示が『110』という数字になっているだけである。さて大型トラックはどう走るのか? 走行中に見た限り、大型トラックは見事に「時速100キロ区間と同じ」走行だった。

すなわち、本来なら大型車の走行が禁止されている3車線区間の追い越し車線でも、堂々とノロノロ走行を続けていたのだ。11月4日(土)の夕方に『新静岡IC~森掛川IC』下り車線を走行した時は、試行区間の大半で時速110キロなど出せなかったほど。警察は見事に何の啓蒙活動もしていない。何のための時速110キロ制限なのか理解出来ず。

乗用車側からすれば、時速110キロが出せると思っている。大型車が道交法を守らず延々と追い越し車線を走る状況に多くの人は怒っているらしく・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2017/11/10 12:10

    違反報告

    トラックのノロノロ運転は頭に来るが、速度を出さなきゃ事故が減ると思い込んでる国のお爺さん達ににリミッターを付けられちゃってるからねぇ。最高速度80キロ同士の戦いはかえって事故を招く。
  • rau*****|2017/11/10 12:07

    違反報告

    暴走行為をして自損事故による速度超過よりも、速度差による事故が主要原因であり、その事から考えると追越車線に大型貨物が進入してくることが問題である。
  • tak*****|2017/11/10 12:11

    違反報告

    確かに、複数車線の道路では、大型車は左側を走るのが決まりではあるが…
    制限速度が110㌔だからと言って110㌔で走らなきゃいけないことはないんじゃないの?
    車の性能が進化したから上限を上げるって考え方に疑問。
    車を走らせてる人間は昔から現在まで進化してないから必ず事故がおきる…。

    乗用車の運転手サンへ
    事故をおこして営業ドライバーに迷惑をかけないように安全運転でお願いしますね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します