現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?

ここから本文です
コラム 2017.9.29

100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?
  • 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?
  • 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?
  • 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?
  • 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?
  • 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?
  • 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?
  • 100万円台前半になった旧型BMW X1って正直どうなんだ?

▲新車時価格363万~559万円だった旧型BMW X1は今、まずまず好条件な中古車が車両100万円ちょいで狙える状況になっています。それって果たして買いなのかどうか? 検討してみましょう

「BMWのSUVなのにお手頃」という希有な存在

世界的ブランドである「BMW」。そして今、世間的に最もアツいジャンルといえる「コンパクトSUV」。両者を掛け合わせた場合、普通なら「高額」という答えが出るでしょう。それは確かにそのとおりなんですが、なかには「お手頃価格」という答えが出るケースもあります。

それは、あなたが「旧型BMWX1」という車を選んだ場合です。

詳しくご承知の方も多いでしょうが、旧型BMWX1は10年4月から15年9月まで販売されたBMW製のコンパクトSUV。車名は「X1」ですが、ベースとなったのは同時期の3シリーズツーリング(ステーションワゴン)です。

デビュー当初のエンジンは2L直4自然吸気と3L直6自然吸気の2種類で、組み合わされたトランスミッションは6速AT。途中から2L直4ターボ+8速ATの仕様が追加され、それを機に3L直6自然吸気バージョンは廃番となりました。駆動方式は、グレード名に「xドライブ」と付いているのが4WDで、「sドライブ」と付くのは後輪駆動です。

12年9月にはマイナーチェンジが実施され、フロントマスクを中心とするエクステリアのお化粧直しを行うと同時に、全グレードにアイドリングストップ機構を採用。そしてその他いくつかの小さな変更を加えながら、前述のとおり15年9月まで新車販売が続きました。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します