現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?
  • シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?
  • シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?
  • シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?
  • シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?
  • シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?
  • シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?
  • シトロエン C5セダン/ツアラーが超絶格安に! だが何年式をどう選ぶのが正解なのか?

▲写真はシトロエン C5セダンのインテリアだが、基本デザインはツアラーも同様。レザーを含む各部の質感やデザインは、400万円超級という(フランス車としては)立派なプライスにふさわしいものだ

できれば1.6L直噴だが、2L/3Lを整備履歴重視で選ぶのが現実的か

以上の事実関係をベースに、「では結論としてどの年式/グレード/価格帯を中心に検討するのが得策か?」という問題に対する私見を述べたい。

可能であれば中期以降の1.6L直噴ターボ+6ATの仕様を、セダンかツアラーかに関わらず選ぶのが安パイであろうとは思う。何だかんだ言って信頼性は初期型より向上しており、新世代パワートレインの恩恵で燃費も(まずまず)良好。見つかるなら、これの整備履歴が充実している個体を探すのが一番だろう。

だが問題はその流通量が少ないということ。7月中旬現在、149万円以下のC5セダン/C5ツアラーの1.6L直噴ターボ版は全国でわずか4台。……なかなか厳しい数字である。

となると現実的には2L+4ATまたは3L+6ATのセダンあるいはツアラーを探すことになるわけだが、このカテゴリーに関しては、年式やグレード云々ではなく「内容」で選ぶのが、結果として最上の策となるはずだ。

内外装のコンディションは当然として、ハイドラクティブIIIプラスを中心とする各主要部の整備履歴はどうか?ATやエアコンなどの「壊れると高くつく箇所」の作動状況はどうか?……等々を店頭で子細に調査し、そのうえで、購入後もある程度の整備費は計算に入れておく。そうすればきっと、悪くない「シトロエンC5ライフ」を長きにわたり送れるはずだ。

ある程度以上の格安ゾーンに入ってきたアッパーミドルやアッパークラスな輸入車の選び方や維持というのは、以上のとおり決して超楽勝でもない。それなりに注意を払って選ぶ必要は確実にあり、そして注意して選んだとしても、その後の維持費は国産大衆車と比べるなら少々高くつくだろう。

しかし、格安ゾーンに入ってきたアッパーミドル輸入車には間違いなく「夢」がある。

カーセンサーnetを見ているすべての人に格安系シトロエンC5セダン/C5ツアラーを勧めたいわけでは決してないが、ある種の夢追い人には、「車両100万円そこそこでステキなフレンチ・アッパーミドルを手に入れる」という行為に、ぜひとも注目していただきたいと思う次第なのだ。

text/伊達軍曹

photo/プジョー・シトロエン

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します