現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】

ここから本文です
コラム 2017.9.25

荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】
  • 荷物少なめで気軽にアウトドア! わんことグランピング【千葉・九十九里】

▲見渡すかぎり空・空・空の開放感。自然派わんこは、キャンプ&グランピングでくつろぐのが大好き!

グランピングなら荷物少なめで視界スッキリ&燃費向上

普通のキャンプに行くとなると、テント&タープ、寝袋、折りたたみテーブル&チェア、焚き火台にバーベキューコンロ……と荷物がいっぱい。これらを積み込むと、下の写真のようなSUVの荷室もすぐパンパンになってしまいます。ちなみにわが家では、ぐりとぐらがいる後部座席の足元にも荷物を置いているので、荷室どころか、車そのものがパンパンです。

でもグランピングなら、荷物の量がぐんと減り、ホテル泊のときと変わらない荷物量。常設テントにベッド、バーベキューセットまで用意しているところなら、テントも寝袋もテーブル&チェアもいりません。わんこ用のバギー、バーベキューの食材を運ぶクーラーボックスと、あとは普通の旅の荷物でOKです。

積み降ろしがラクなうえに、なんといっても後方視界がスッキリ。これは安全運転の観点からも重要なポイントです。そして、車が身軽になるから燃料の節約にも。安全&エコですね!

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ken*****|2017/09/25 15:21

    違反報告

    ペットブームですよね。

    物心ついた時から、我が家には犬がいました。
    最期を看取るのは辛いものですが、途切れることなく犬を飼ってきました。

    ここ15年くらいは、諸事情もあり猫を飼っています。
    宿泊を伴う旅行に行くときは、いつも一緒。
    犬同泊可の宿泊施設、ドッグランなど犬用の設備が伴った施設はかなり増えました。
    が、猫に関しては、ほとんどNG。
    家の猫、いつも肩身の狭い思いをさせてます。

    犬と比べると、自宅で飼うのはとても楽。
    ただ、屋外に出ると管理、監視が難しい、というのが一般的な常識なのでしょうね。

    猫同伴可の施設、もっと増えてくれないでしょうかね。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します