現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!

ここから本文です
コラム 2017.9.19

現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!
  • 現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!
  • 現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!
  • 現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!
  • 現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!
  • 現役感たっぷりの低走行物件もついに100万円台前半。「中古の現行ルーテシア」は今が旬!

▲「いい車なんだけど、中古車としては価格帯がちょい微妙かも……」と思われていた現行ルノー ルーテシアの相場が、やっと「中古車ならではのお買い得感」が感じられる水準になってきました!

中古車相場は高くてもダメだが、逆に安すぎてもいけない?

中古車の「買い時」を的確に捉えるのは意外と難しい。特に、そもそもの新車価格がベラボーに高額なわけでもない輸入コンパクトカーの場合は、とりわけ難しい。

ニューモデルとして登場してからしばらく経てば、その車種の中古車相場はそれなりに下がる。しかし新車価格がさほど高くはないだけに、「このぐらいの差額なら、いっそ新車を買った方が……」とどうしても思ってしまい、なんとなく最初の買い時を逃す。

「新車にするか、それとももっと下がるのを待つか?」という“迷い”が生じるのだ。

で、迷っているうちに歳月は経過し、その車種の相場はどんどん下がっていく。

その途中でたまたま「ちょうどいいタイミング」を捉えられれば良いのだが、人間というのはたいていボーッとしているので(というか中古車相場のことばかり考えて生きているわけではないので)、ボーッとしているうちに、今度は安くなりすぎてしまう。

安くなりすぎた中古車というのは、要するに「旬を過ぎた中古車」ということだ。それはつまり機械として見たときにボロすぎたり、ファッションアイテムとして見た場合にイマイチ感が強すぎたりする。で、「さすがにこの車種を買うのはやめておこうかな……」と思ってしまう。

なかなか難しいのである。

ルノー ルーテシアの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • j_w*****|2017/09/19 22:05

    違反報告

    ルーテシア4の主力1.2Lターボエンジンは4気筒です。
    修正をお願いします。
  • tra*****|2017/09/22 15:32

    違反報告

    欧州コンパクトなんて、新車で買ってもリセール即落ち、中古で買えば残価ゼロになっちゃうってのが常套。
    世間に出しても誰も興味も羨望もないわけで、新車や現行モデルに拘るのもほとんど意味無し。
    保障が切れてる時点で、年式や走行距離への拘りも意味無し。
    結論:自己満足出来る輩が、買いたい時に買えばよいだけです。
  • imo*****|2017/09/22 22:09

    違反報告

    フランス車の中古を売りたい記事を書くことの難しさ。
    出来の悪いドイツ車みたいなもんですがお買い得です、みたいな。
    ハマる前に売り飛ばしましょう。
    でも売るときもお買い得な感じになっちゃうけれど。


愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します