現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 地盤沈下する先進国のモーターショー。再来年の東京はさらにピンチに

ここから本文です
コラム 2017.9.8 レポート:清水 和夫

地盤沈下する先進国のモーターショー。再来年の東京はさらにピンチに

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地盤沈下する先進国のモーターショー。再来年の東京はさらにピンチに
  • 地盤沈下する先進国のモーターショー。再来年の東京はさらにピンチに
  • 地盤沈下する先進国のモーターショー。再来年の東京はさらにピンチに
  • 地盤沈下する先進国のモーターショー。再来年の東京はさらにピンチに

自動車の展示会=モーターショーに限界が来ている

東京モーターショーの季節が近づいてきた。自動車関係者は2年に1度の国際的なモーターショーに様々な期待をしているが、どうも最近一般ユーザーやメディアからは、そっぽを向かれている感じがする。そのことを示すように、2015年(前回)の来場者数は2013年(前々回)の90万2800人を下回る81万2500人となり、震災のあった2011年の84万2600人にも届かないなど、地盤沈下が顕著だ。「若者のクルマ離れ」という言葉が流行語になるくらいだ。

主催する自動車工業会も若者を振り向かせようと必死だ。私が所属するAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)では、私の発案でガイドツアーを数年前から実施している。自動車ジャーナリストが自らガイドとなり、一般参加者と一緒にショーを巡るのだ。最近のクルマは色々な技術が搭載されており、専門家の知識がないと分かりにくいところも多い。AJAJのメンバーにとってもメーカーとユーザーの橋渡しができるなど、ガイドツアーは貴重な経験になっている。

しかし、自動車業界や自動車専門メディアが頑張ってもモーターショーの地盤沈下は止まりそうにない。この傾向は日本だけの問題ではなく、成長が望めない成熟した自動車マーケットでは共通の課題なのである。すでにデトロイトショーからは高級車メーカーが姿を消しているし、フランクフルトショーも今年は多くのブランドが参加していない(日産、三菱、インフィニティ、プジョー、DS、ボルボ、フィアット、アルファロメオ、ジープなど)。東京モーターショーだけが魅力を失ったのではなく“自動車の展示会”というモーターショーに限界が来ているのではないだろうか。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nik*****|2017/09/08 20:26

    違反報告

    ガソリン払えば税金取られ車検受けたら税金取られ、年に一回税金払えと紙が来る。新車買うと税金も付いて来る。異常だろ!
  • kkk*****|2017/09/08 18:02

    違反報告

    車に興味がなくなった若者ではなく
    車を持てることすら想像できないくらい貧乏になった若者が増えたから
    そんな時代ですら、自転車で事足りる若者達が、二重課税や世界稀に見る高税率の車を所有しようと思うほうがおかしい
  • tai*****|2017/09/08 12:47

    違反報告

    街中開催、大賛成!
    車は使って楽しむもの
    お立ち台で見せる
    ものでは無いと思います。
    街中で楽しい使い方を
    発信すると、
    車好きが増える事
    期待します。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します