現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?

アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?
  • アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?
  • アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?
  • アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?
  • アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?
  • アイサイトが進化したスバル 新型レヴォーグのデザインはどこが変わった?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

スバルはレヴォーグを大幅改良し、8月7日に発売しました。 価格(消費税込)は、282万9600円~405万円。

今回のレヴォーグ大幅改良のトピックスは、全車速域でアクセル/ブレーキ/ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を、WRX S4とともにスバル初搭載したことです。

一方で気になるデザインは、並べてみるとあまり大きな変化がないように感じますが、一体どこが変更されたのか?

新型モデルと先代モデルを比較して見てみましょう!

エクステリアは、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを刷新しました。フロントフォグランプはLEDを採用し、より精悍なフロントフェイスとなっています。

また、一部グレードには新しいデザインの・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します