現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗

ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗
  • ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗
  • ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗
  • ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗
  • ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗
  • ミニバン人気復活か!?各社マイルドヤンキー狙いのデザイン取り入れSUV人気に対抗
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

ミニバンは今でも日本の売れ筋ジャンルだが、これから再び競争が激化しそうだ。トヨタヴォクシー/ノア/エスクァイアが2017年7月3日にマイナーチェンジを実施して、ホンダ ステップワゴンも同じく、9月末には改良を行って新たにハイブリッドを加える。さらに日産セレナも、年末にはe-POWERを追加すると見られるためだ。

上記のミニバンはいずれも各メーカーの主力車種でライバル同士だから、改良やハイブリッドの追加によって競争がさらに激しくなるだろう。

トヨタヴォクシー/ノア/エスクァイアの変更内容は「新型ヴォクシー/ノア/エスクァイアのマイナーチェンジを徹底解説!」でお伝えした通りだ。フロントマスクを存在感の強いデザインに変更して、まさにマイルドヤンキー好みのデザイン。内装の質も高めた。フロントウインドウやリアゲートのガラスに高剛性ガラス接着剤を使うことで、ボディ剛性も向上させている。

ただし緊急自動ブレーキを作動できる安全装備のToyota Safety Sense C(トヨタセーフティセンスC)は、依然として歩行者を検知できない。車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、車線の中央を走りやすいようにハンドル操作を支援する機能もなく、ステップワゴンやセレナに比べると、安全装備と運転支援の機能が遅れている。

その代わりヴォクシー/ノア/エスクァイアには、1.8リッターエンジンをベースにしたハイブリッドが用意され、ライバル2車とは違う特徴を打ち出す。そこに今後、ライバル車のハイブリッドが加わると、優位性が薄れるかも知れない。

気になるのは、2017年9月末に行われるステップワゴンのマイナーチェンジとハイブリッドの性能だ。

まず注意したいのは、標準ボディは変更点が少ないこと。後述する安全装備のホンダセンシングは改良されるが、外観はほとんど変わらず、ハイブリッドの設定もない。外観を変えてハイブリッドを用意するのは・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fft*****|2017/08/11 00:25

    違反報告

    こういう層向けのクルマってTOYOTAは得意ですよね
    馬鹿でかいグリルもそうだけど、アルヴェルのゴールデンアイズとかいうのには爆笑しました
  • bla*****|2017/08/10 20:19

    違反報告

    最近のミニバンって、ますます乗る気にならん。なんであんな厳つくするの?
    ファミリーカーらしく、もっと普通なデザインにしてよ。
  • lin*****|2017/08/10 16:00

    違反報告

    家族の為にミニバンを選んだ世の中のパパさんが気の毒なネーミングだな。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します