現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?

6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?
  • 6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?
  • 6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?
  • 6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?
  • 6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?
  • 6年目でも大人気!軽のN-BOX頼みのホンダ、普通車の反撃はいつ始まる?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

フルモデルチェンジが間近いのに、ホンダN-BOXの人気はまったく衰えていない。

2017年6月の販売台数は1万7654台で、軽自動車部門では二位のダイハツミライースの1万2475台を大きく引き離して堂々の第一位。

2017年1月~6月累計でも、10万6231台(前年同期比110.7%)で軽自動車トップを邁進中だ。一方、乗用車の中核市場であるコンパクトカーのフィット、またミニバンのステップワゴンの売り上げは”いまひとつ”。e-POWERと同一車線自動運転機能という日産の”伏兵”の影響をもろに受けたからだ。

こうした”偏った”販売状況に陥っているホンダは、これから日本市場をどのように立て直していくのか? その方向性のひとつとして、八郷隆弘社長は2017年6月8日、社長就任2年目のスピーチで、四輪車の『デザイン』と『走り』の刷新を明言している。

それは、今夏の新型フィットと新型ステップワゴンのマイナーチェンジモデルを指しているのではない。2017年10月末の東京モーターショーで、”未来に向けたホンダ”を大々的に提案し、それに沿う形での新しいデザインと走りを量産化するという流れだ。

つまり、フィットとステップワゴンについては、2019年~2020年にかけてのFMC(フルモデルチェンジ)を・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します