現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)

ここから本文です
コラム 2017.7.11

【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)
  • 【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)
  • 【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)
  • 【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)
  • 【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)
  • 【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)
  • 【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)

▲ベースとなる初代コルトに1.5Lターボを搭載した「ラリーアートバージョンR」(2006年に登場)。レカロシートはオプションもしくは、それを標準装備するレカロエディションというグレードで装着されている。また2007年11月にはMT車の馬力が154psから163psに。2008年にはバージョンRスペシャルという台数限定モデルも登場している。今回試乗したのは、2009年(H21年)式のモデルで車体もシートもすべて純正だった

登場時に試乗したあのとき、バージョンRは間違いなく箱根スペシャルなモデルだった

今までたくさんの車を試乗してきたが、印象に強く残るモデルとそうでないモデルがある。その中でも箱根で行われた新モデル試乗会でドライブしたコルトラリーアートバージョンRは『三菱自動車工業』の底力を知る、印象深いモデルの1台だった。

かつての三菱は販売モデル全車にターボを搭載するグレードをラインナップしていたほど、ターボ車を得意としていた。そんな三菱のリッター100馬力を超える1.5Lのターボ車で、どれほど楽しく低中速コーナーを走り抜けただろうか。それは間違いなく箱根スペシャルであった。

そんなコルトラリーアートバージョンRだが、このたびカーセンサー本誌デスクの大脇氏が中古車で購入したという。彼の提案で、個体差があることは前提としつつも十数年ぶりにコルトを試乗させていただいた。

当時、新型をドライブした雰囲気を思い出しながら、経年変化を考慮した「中古車」の試乗インプレッションをしたいと思う。

三菱 コルトの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • shi*****|2017/07/11 13:07

    違反報告

    この車を生かせなかったフランケン面した社長の責任は重い
  • idd*****|2017/07/11 12:29

    違反報告

    初めて買ったクルマがバージョンRだったから懐かしいです。


    最初にこんなじゃじゃ馬に乗ると、次に乗るクルマをバージョンR基準で考えてしまうから困りました(笑)
  • ggb*****|2017/07/11 12:34

    違反報告

    「コルト(初代)」…??って…今のコルトはリバイバルされた名前で、初代って昭和40年ごろ、ギャランが出来る前からあった名前。
    このレポーターはそんなことも知らないでいるなんて恥ずかしい限り。 お粗末過ぎませんか??

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します