現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?

謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?
  • 謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?
  • 謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?
  • 謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?
  • 謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?
  • 謎多きレクサス 新型LS、衝撃の隠し玉とは!?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

2017年1月9日、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー)でワールドプレミアした、レクサス 新型LS。まずは、3.5リッターV6ツインターボ(最高出力421ps、最大トルク600Nm)のLS500が登場した。

その後、3月7日のスイス・ジュネーブショーでマルチステージハイブリッドのLS500h、4月11日の米ニューヨークショーでLS500”F SPORT”と続き、6月26日には、搭載する予防安全技術のLexus Safety System +Aの技術概要が公開されている。

こうしてネタを小出しにする新型LSは、いったいどこまで進化していくのだろうか? 世間があっと驚くような隠し玉があるのだろうか?

”新型LSの謎”を解くカギは、3つの技術領域にある。

AVのAは、Automated(オートメイテッド:自動)またはAutonomous(オートノーマス:自律)を指す。Vは車を意味する、Vehicleだ。

Lexus Safety System +Aの概要説明書のなかに、注目すべき言葉がある。

それは、『自動運転につながる高度運転支援技術 Lexus CoDrive』だ。レクサスを含めてトヨタでは・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yos*****|2017/07/10 21:28

    違反報告

    EV・FCV・ガスと、ちょっと各社力の入れどころが分かれすぎてるね。
    DVD等の規格が乱立した時の様に消費者とって右往左往状態が続き
    最終的には少数が損する形で多数派が残るような形でどれかに落ち着くわけでしょ。
    ぶっちゃけ各社協力し合ってどれかに絞って無駄なく開発できないものかね?

    FCVなんて最も現実的じゃないと思うけど、豊田さん大丈夫なの?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します