現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは

燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは
  • 燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは
  • 燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは
  • 燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは
  • 燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは
  • 燃費に拘ってきた自動車メーカーが新型モデルで燃費を悪化させた?その理由とは
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

クルマがモデルチェンジや改良を受けた時は、燃費数値を多少なりとも向上させるのが常識だ。燃費はユーザーの出費に直接影響を与えるから関心が高い。今はエコカー減税も実施され、燃費数値が優れていれば税金も安くなるため、各メーカーとも燃費に力を入れている。

ところが最近になってこの流れが変わってきた。2017年2月に発売されたマツダ 新型CX-5、同年5月に発売されたダイハツ 新型ミライースが、それぞれJC08モード燃費を悪化させたからだ。

CX-5では2WDのガソリン2.5リッターエンジン搭載車が、先代型の15.2km/Lから14.8km/Lに、4WDのクリーンディーゼルターボ搭載車は18.0km/Lから17.6km/Lに、それぞれ0.4km/Lではあるが燃費数値を下げた。

新型ミライースは、先代型は14インチタイヤ装着車のみで全車が35.2km/Lだった。それが新型で同サイズのタイヤを履いたX・SAIIIとG・SAIIIは、34.2km/Lに下げている。BとL(SAIIIを含む)は、新開発された低燃費指向の強い13インチタイヤを備え、先代型と同じ35.2km/Lを維持している。ミライースは60~80kgの軽量化を実施したが(比率に換算すると6~9%軽い)、燃費数値を据え置きか、あるいは悪化させた。

今になってなぜ燃費数値が悪くなるのか。その理由を新型CX-5の開発者に尋ねた・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • xpj*****|2017/06/15 11:10

    違反報告

    そろそろ燃費表示の嘘が隠しきれないと思ったんだろう。
    CX-5ディーゼル4WDの燃費は満タン時の計測で平均12Km/Lです。
    高価なオイルを5000Km毎にフィルターと交換させられるとディーゼルのメリット全くありません。
    リコールとインマニ煤が多すぎる。
  • sup*****|2017/06/15 11:33

    違反報告

    燃費燃費って拘りすぎじゃない?
    エコカーに乗ってる人程飛ばしてるのも多いし矛盾してる
    それに実際0.4kmって誤差レベルでしょ。
  • lip*****|2017/06/15 11:20

    違反報告

    同じエンジンなのに燃費が悪くなってるのは、偽装してたからだよね。
    空気抵抗の差とかいいそうだけど、そんな変わらん。
    前も三菱がリコール隠しした時にT社はここぞとばかりにリコール出した。

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します