現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > もう日本車に品質面での優位性はない!? 米国の調査データから見えたこと

ここから本文です
コラム 2017.6.1 レポート:岡崎 五朗

もう日本車に品質面での優位性はない!? 米国の調査データから見えたこと

  • みんカラ つぶやく
もう日本車に品質面での優位性はない!? 米国の調査データから見えたこと
  • もう日本車に品質面での優位性はない!? 米国の調査データから見えたこと
  • もう日本車に品質面での優位性はない!? 米国の調査データから見えたこと
  • もう日本車に品質面での優位性はない!? 米国の調査データから見えたこと

Note:Smart is included in the study but not rannked due to small sample size.

Source:J.D. Power 2017 U.S. Vehicle Dependobility Study(SM) (VDS)
http://www.jdpower.com/press-releases/2017-vehicle-dependability-study

レクサスは6年連続、ポルシェも同数でトップ

ユーザーの自動車購入に大きな影響を与えることで知られる調査会社JDパワー社。同社は購入後90日間での品質を評価するIQS=Initial Quality Study(米国自動車初期品質調査)をはじめ様々な種類の調査結果を発表しているが、僕が毎年注目しているのがVDS=Vehicle Dependability Study(米国自動車耐久品質調査)と呼ばれる調査だ。これは、米国で新車として販売されてから3年が経過した時点でのメーカーごとの不具合率を示すもの。つまり、2017年の調査結果は、2014年に販売されたモデルについてまとめたものとなる。

32ブランドの200車種近いモデルについて3万5186人から回答を得たというこの調査、気になる結果はご覧の通りだ。1位になったのはレクサス。毎度お馴染み、6年連続のトップ獲得となる。100台あたりの不具合件数は業界平均の156件を大きく下回る110件。ポルシェも同数で1位となり、以降3位トヨタ(123件)、4位ビュイック(126件)、5位メルセデス・ベンツ(131件)、6位ヒュンダイ(133件)と続く。

ちなみにこの調査での「不具合」には、故障だけでなく、エンジンのもたつきやATのシフトショック、Bluetoothの接続不良、音声認識の不確実さといった項目も含まれる。つまり、もともとBluetoothや音声認識が付いていないクルマはそれに関する不具合が指摘されないわけで、機能を満載したプレミアム車ほど不具合件数が増えるリスクがある。にも関わらず首位を獲得したレクサスとポルシェは大したものである。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • xul*****|2017/06/01 10:29

    違反報告

    北米在住です。
    米国車の品質が向上してきたのは間違いないですが、日本車の品質神話は崩れていません。
    新車3年以内の故障は、メーカー保証が効いてますので困りません。よってユーザーが気にするのは、3年以降の故障とメンテナンスコストです。その評判が中古車の価格を決めるのです。
    同年式、同車格のドイツ車とアメ車に比べて、日本車は圧倒的に高いです。
  • kei*****|2017/06/01 11:49

    違反報告

    日本車の品質のよさは売りの一つとは思うがそれだけのように言うのはどうなのか…。

    走りや快適性、燃費など色々他にもあるのでは?

    それに各社違ったカラーがあるとも思う。
  • aho*****|2017/06/01 10:33

    違反報告

    日産の聚落が激しいね。ただでさえ、特定車種除けばトヲタ以上にゴミ的な車多いのに。

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します