現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?

ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?
  • ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?
  • ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?
  • ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?
  • ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?
  • ホンダ新型モデルを集中投入! 新型シビックはオデッセイの二の舞いに?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

ホンダがこれから新型攻勢をかけてくる。大幅な変更を加える新型フィットを皮切りに、登場前から色々な意見が飛び交う新型シビック。さらには軽自動車期待の新型N-BOX、そして待望のハイブリッドを追加し、不評のデザインを変えてくると言われる新型ステップワゴン。夏から秋に怒涛の新型車を投入し、市場活性化を狙うホンダの動きをユーザー視点で評価してみようと思う。

まずは気になるN-BOX。ホンダ販売店などの情報をまとめると、新型N-BOXは2017年8月に発売されるようだ。

フルモデルチェンジが近づいた2017年4月の時点でも、現行型のホンダN-BOXは1か月に1万2265台の登録を届け出しており(N-BOXスラッシュと同プラスを含む)、軽自動車では販売首位だ。そのために次期型となる新型N-BOXは、外観を含め商品特性を大幅に変えることはない。以前はフロントマスクをホンダ フィットのように変更するかと思われたが、グリルの形状がU字型に少しアレンジされる程度らしい。

むしろ大きく変わるのはインテリアのアレンジだ。現行型は発売時点で後席のスライド機能がなかったが(開発者は荷室が広いから後席を前方にスライドさせなくてもベビーカーなどが十分に積めるとコメントしていた)、後からマイナーチェンジで追加していた。そのために現行型の後席スライド装着車は荷室床面が65mm高まり、収納性を少し悪化させた。しかし新型は他の軽自動車と同じく、スライド機能を備えて荷室の床が低い。

また助手席にはトヨタ ポルテ&スペイド、トヨタ ヴェルファイア&アルファードのような長いスライド機能が用意されるのが特徴のようだ。運転席側の後席にチャイルドシートを装着した時に、助手席を大きく後方にスライドさせると・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ngy*****|2017/05/19 13:29

    違反報告

    現行オデッセイって明らかに先代より売れてるじゃん
    オデッセイが初期受注後に伸び悩んだのは乗り味がスポーティ過ぎたのと品質問題
    HVモデル追加後は台数が安定して出てるんだから二の舞とかおかしくないか?

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します