現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由

トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由
  • トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由
  • トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由
  • トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由
  • トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由
  • トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止し、中型セダンを新型カムリに集約する理由
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

トヨタがマークXとSAI(サイ)の生産を打ち切り、日本国内での中型セダンは今夏発売予定の新型カムリに集約。

日本が大型連休真っ只中の5月5日、トヨタの地元となる大手メディアがついに書いた。この話は昨年の中頃から、ネットや個人ブログなどでは噂になっていた。それが今回、連休中の記事露出をまるでトヨタ側が事前に承知していたかのように、中日新聞が書いたことで、三河地域の自動車業界関係者はこの話を“事実”として捉えた。

同記事にもあるように、日本国内市場は軽自動車とミニバンが主流となっており、過去10数年間でセダン市場は急速にしぼんでしまった。

そうした小さな市場に対して“ほぼ日本国内専用車”のガラパゴス車である、マークXやサイを存続させる理由は、トヨタ社内やトヨタグループ内、そして株主や投資家など対外向けにも、特に見つからない。

製造台数と販売台数で世界ワンツーである、中国とアメリカと同じく、日本でも中型セダンをカムリに集約させることは経営戦略上、当然の決断である。

アメリカではすでに、2017年モデルとして販売されている新型カムリは、長年に渡りアメリカ人にとっての“安全パイ”というイメージを刷新し、次世代を強く予感させるアグレッシブな風貌と内装、そして新開発の車体であるTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のよる鋭い走りへと大変革した。

さらに、この大変革の中で「これからの日本国内でのセダンをどう育てていくべきか?」という新型カムリ開発者の葛藤を強く感じる。マークIIからマークXへと引き継がれてきたトヨタの・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ken*****|2017/05/16 12:57

    違反報告

    マークXって名前最後まで馴染めやかったな。
  • kei*****|2017/05/16 14:18

    違反報告

    カムリとか。マークII、クレスタ、チェイサーの三兄弟の頃がほんとよかった。

  • sei*****|2017/05/16 13:00

    違反報告

    マークXのGT300デビューしたばっかやんw

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します