現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?

いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?
  • いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?
  • いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?
  • いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?
  • いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?
  • いま最も人気のモータースポーツ「スーパーGT」ってどんなレース?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

いま日本で最も人気のあるレースが「スーパーGT」。このコラムでは、その魅力についてわかりやすく迫って行こう。

スーパーGTの起源は、1993年に開催された「全日本GT選手権レース」。これが翌年「全日本GT選手権」に名称変更されて(JGTC)、2005年から現在の「SUPER GT」となった。つまり黎明期から数えると、24年も続いている超・超・長寿カテゴリーなのだ。

それまで日本で最も人気があったレースは、「全日本ツーリングカー選手権」。これは'85年~'93年まで開催されたレースで、FIA(国際自動車連盟)が定めたグループA規定に則り排気量別の3クラスで開催された。

そのトップカテゴリー「ディビジョン1」で一時代を築き上げたのは、あの“R32”日産スカイラインGT-R。それまで無敵を誇っていたフォード・シェラを打ち破り、同世代のライバルであるトヨタ・スープラをものともせず破竹の快進撃を続けた伝説は、レースファンならずとも聞いたことがあるはずだ。

そしてディビジョン2は直列4気筒時代のBMW M3が席巻し、ディビジョン3では「シビック VS カローラ」の名勝負が繰り広げられた。

グループAが人気だった理由は、「連続する12ヶ月に2500台以上生産された4シーター以上の車両」でなくては参加できない、という規則があったから。改造範囲もグループB規定より狭かったから、レースカーも市販車の面影が強かった。簡単にいうと「みんなが買えるクルマ」が激しく闘ったことで盛り上がったのだ。

そんなグループAが衰退したのは、前述の通りグループAレースを睨んで開発されたGT-Rが強すぎたことがひとつ。「そんな市販車、ウチでは作れません!」と各メーカーはドン引きしたわけである。 またヨーロッパでは自然吸気の2リッターエンジンを搭載する4ドアセダンのレースへと移行。バブル経済が弾けた日本でも、費用の掛かりすぎるグループAからニューツーリングへと流れが移り、'94年からこれを「全日本ツーリングカー選手権」(JTCC)として踏襲したのだが…。「これならウチでも勝てる!」と踏んだ各メーカーでの開発競争が激化して、やっぱりこれも'98年に消滅してしまった。

そんなとき、ジミ~に始まったのが、全日本GT選手権だった。 始まったばかりのGT選手権は「グループAマシンのお古」と「チューニングショップが作ったレーシングカー」が走るような、まだまだノンビリとした一面を持っていた。 しかし500psを発揮するマシンを「GT1」、300psを発揮するマシンを「GT2」として、年を追うごとに各メーカーとプライベーターが、徐々に参戦するようになり、トップカテゴリーへと成長したのである。そしてこれが・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ybi*****|2017/05/13 08:21

    違反報告

    スーパーGTの記事が出るたびにあーだこーだ批判してる人が散見されるけど、少なくとも実際に見に行っても同じ感想を抱く人はいない。
    車好きなら一日中、いや予選日合わせて丸2日楽しめるよ。

    フリー走行、予選、決勝。
    ピットウォークやパドックウォーク。
    ドライバーや監督のトークショーやレースクイーンのステージなど各種イベント。
    メーカーによる様々な車やパーツの展示、グッズ販売。
    あと、侮れないのがサーキットグルメの数々。

    昔のほうが盛り上がっていたという人もいるかもしれないが、それでも1イベントで数万人単位、それこそ富士では9万人を集めた。
    鈴鹿1000kmは、F1、8耐と並ぶ三大イベントの一角だよ。

    興味がないなら仕方ない。
    でも、見たことないのに批判するのは、それは違うよ。
    車好きにとって、こんな楽しいイベントは他にない!

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します