現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途

個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途
  • 個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途
  • 個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途
  • 個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途
  • 個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途
  • 個性なくなる日本車たち、業務提携の活発化でOEM車は増加の一途
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

カルロス・ゴーン氏が、2017年4月下旬に三菱自動車のタイ工場を視察した。ゴーン氏は2016年の末に三菱の会長に就任しており、今では日産とルノーを含めた3社の会長を務める。三菱の工場を視察するのは当然だが、今後は三菱と日産の業務提携が、いよいよ活発化しそうだ。

まず一般的な話として、日本のメーカー同士が提携しても、さほど大きなメリットは得られない。日本の自動車メーカーは、北米や中国で売れ行きを伸ばすことが多く、相手にする市場が重複しやすいからだ。

それが日産とルノーのように、日本と欧州メーカーが手を組めば、世界の各地域をカバーできる。日産が2016年度(2016年4月から2017年3月)に販売した総台数の内、北米市場(カナダとメキシコを含む)では38%を売り、これに続くのが中国で24%を占めた。ルノーはフランスのメーカーとあって欧州市場が中心的で、スペインやインドにも生産工場を構える。日産とルノーはそれぞれ中心的な市場が異なるので、業務提携を結べば広範囲に手を広げられる。

三菱は日本のメーカーだから日産に近いものの、アジア地域で強く、三菱車全体の31%に達する。欧州も20%だ。逆に北米は13%と低い。日本メーカー同士の提携はメリットが乏しいが、アジアで強く北米の依存度が低い三菱は、比較的手を組みやすい日本メーカーといえるだろう。

さて、このように業務提携はメーカーにとっては大きなメリットを生み出すが、ここからはユーザーにとってのメリットとデメリットを考えて・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します