現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > もっとワクワクを! ブランディングへの意識が日本車の魅力を高めていく

ここから本文です
コラム 2017.5.1 レポート:岡崎 五朗

もっとワクワクを! ブランディングへの意識が日本車の魅力を高めていく

  • みんカラ つぶやく
もっとワクワクを! ブランディングへの意識が日本車の魅力を高めていく
  • もっとワクワクを! ブランディングへの意識が日本車の魅力を高めていく
  • もっとワクワクを! ブランディングへの意識が日本車の魅力を高めていく

写真:ロールス・ロイス・モーター・カーズ

ブランドって何だろう?

ブランドと聞いて何を連想するだろう? きっと、ヴィトンとかシャネルとかグッチのような高級ファッションブランドを思い浮かべた人が多いのではないだろうか? えーこのバッグが100万円?! このスーツが50万円?! みたいなものがゴロゴロあって、なおかつそれをありがたがって買う人がわんさといる。それがブランドビジネスの世界である。

クルマにもそういう世界はある。でもね、ロールスロイスの塗装のクォリティや手作りのインテリアを見てしまうと、まあ3000万円してもしょうがないなと思えるのも事実。ポルシェだって実際に走らせてみれば価格の高さに納得せずにはいられない。もちろんバッジ代もある程度は含まれるのだろうけれど、クルマの場合、中身が価格に反映されている度合いはファッションブランドよりも明らかに高いというのが、ファッションの専門家ではない僕の正直な考えだ。

もちろん、ファッションに詳しい人に聞いたら、そんなことはないよ、値段が高いものにはちゃんとそれだけの理由があるんだよと言うかもしれない。それはきっと、食事にしてもワインにしても時計にしても同じことだろう。僕は実際にロールスロイスのインテリアを見たことがあるし、ポルシェを走らせたこともあるから価値がわかるが、もしそうじゃなかったら、なんでそんなに高いの?と感じたと思う。

要するに何が言いたいかというと、その商品のことを深く知れば知るほど、高いものにはそれだけの価値があることを理解できるようになるということ。しかしそれは現実的には難しいこと。だからこそ、多くの人に中身の素晴らしさをわかりやすく伝える手段としてブランドが登場した。

僕は下戸だからワインのことはさっぱりわからないが、それでもロマネコンティはきっと素晴らしく美味しいんだろうなという認識はもっていて、値段は高いけれど、息子の結婚式のときにはお祝いの席であけてあげたいなと、まあ現実は横に置いておいて、そう思ったりする。そしてここが重要なポイントだが、ロマネコンティはきっと祝いの席に集った人たちの舌を裏切らないだろう。そう、ブランドとは、売り手が提供する価値を保証する買い手との約束なのである。

そう考えると、なにも高級品だけがブランドではなく、特徴のある商品とか、コストパフォーマンスに優れた商品にも「ブランド」という概念があてはまることがわかる。ブランド=高級品ではなく、ブランド=自分らしさ、あるいはDNAと考えればわかりやすいかもしれない。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • k_k*****|2017/05/01 08:26

    違反報告

    富裕層向け高級品メーカー、庶民向け低価格品メーカー、どちらもマーケットが違っても、マーティングはしっかりやっているから、何十年も存続できているだけど。

    良いものだけ作るマイインドは重要だけど
    それだけでは資本主義では存続できないよ。
  • bxs*****|2017/05/01 20:26

    違反報告

    ちょっと時計の世界にも通じると思う。日本にはセイコー、カシオ等があって、本当に正確だし、安いし壊れない!向こうにはROLEXやブライトリング、オメガやもっと高級なものがある。時計という計器だけなら日本のほうがいいだろう、ソーラーもある、電波受信で狂わない。けど、、
    いまだに主に機械式で通してるスイス系ブランドがどうして売れるんだろう。
    やっぱドキドキするんだよね!心から!
    車もなんか似てるよね!やっぱり伝統であったり、今までのヒストリーが凄いよね。
    特にスポーツカーと高級車の部門ではまだまだ日本車はかなわない!
    そんなことはない!って思われるけど、世界の需要見ても実際そうなんだよね!
    車を作る技術は追い越せるけど、伝統とヒストリーはなかなか追い越せない!歯がゆいけど。
  • jkg*****|2017/05/01 07:59

    違反報告

    日本人だから舶来物が良く見えるのはしょうがないんじゃない?日本製はどんなに素晴らしい物を作っても異国文化まではだせないからね

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します