現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!

ここから本文です
コラム 2017.4.26

評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!
  • 評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!
  • 評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!
  • 評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!
  • 評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!
  • 評価の高いフォルクスワーゲンファミリーの中の隠れた名車、ゴルフオールトラックを狙え!

▲埋もれてしまうには惜しすぎる逸材がこの車種なのだ

これを買っておけば間違いない、と言える1台かも

国産車のラインナップでは絶滅危惧種と言っても過言ではないステーションワゴン。2017年3月時点では、ラインナップにステーションワゴンがないメーカーも存在しているほどですが、その一方で輸入車では多くのステーションワゴンを選ぶことができますね。やはりユーティリティに優れていながらもミニバンと違い、走りのポテンシャルも高いという部分でプレミアム感のある輸入車にピッタリなボディタイプなのかもしれません。

そんな輸入車の中でも、ちょうどいいサイズ感と絶妙な価格設定で常に販売台数の上位をキープしているブランド、それがフォルクスワーゲンです。国産コンパクトと大差ない価格のエントリーモデルであるUp!から、看板車種と言っても過言ではないゴルフ、上級クラスを受け持つパサート。そしてミニバンのシャランやSUVのティグアン、そして忘れてはいけないアイコン的存在、ザ・ビートルまで幅広いラインナップを誇っているのはご存じのとおり。▲評価の高い7代目ゴルフのステーションワゴン版がゴルフヴァリアント

そのフォルクスワーゲンブランドでちょうどいいサイズのステーションワゴンをチョイスするとなれば、ゴルフのステーションワゴン版であるゴルフヴァリアントが候補に挙がるのは自然な成り行きと言えるでしょう。新世代プラットフォームを採用した7代目ゴルフの評価の高さは言わずもがな。通常でも605L、リアシートをすべて倒せば1620Lもの広大なカーゴスペースは使い勝手も抜群です。

しかし、そうやって荷物や家族を乗せて走ることを考えると、ベーシックな1.2リッターエンジンを積むコンフォートラインではなく、1.4リッターエンジンを搭載するハイラインを狙いたくなるのが人情。そうすると、走行距離1万km程度の個体で総額200万円台中盤~300万円がボリュームゾーンとなってきます。もちろんゴルフヴァリアントは紛れもない名車ですから買って後悔することはないと断言できますが、ちょっと待った!実はちょっとだけプラスするだけで買える隠れた名車があるのですヨ!

 

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します