現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か

超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か
  • 超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か
  • 超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か
  • 超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か
  • 超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か
  • 超ビッグサイズSUVのスバル「アセント」も左ハンドルで日本に? 日本のアメ車も続々導入か
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

スバルがニューヨークーショー2017で『アセント』という大柄の3列シートSUVを発表した。ボディサイズは全長5050mm×全幅1990mmと、レクサスLXの全長5065mm×全幅1980mmとほぼ同じ。アメリカだと「少し大きい」程度ながら、日本だと実用上の上限サイズに近いと思っていいだろう。

当然のことながらアメリカ専用車という位置づけであり、生産もアメリカの工場で行う。日本で売られることなど無い、というハズだった。

しかし! 世の中の流れが変わりつつある。トランプ大統領になって以後、アメリカ車を日本で売らなくちゃならない雰囲気になってきたのである。

特にスバルは、ホンダや日産などと比べ日本からの輸出比率高い。アメリカ工場の増強を発表しているものの、それだけじゃ済まない可能性が出てきた。といっても以前取り扱った『トラヴィック』のように、GM車を日本で売るような方向は難しい。そもそもGM車を日本で売ろうとしたって無理。

ということで注目されているのがアメリカで生産され、日本だと“アメリカ車”扱いになるアセントである。前述の通りボディサイズは日本ではかなり大きいが、何とか実用になる。エンジンだって2.4リッター4気筒ターボと言われているため、大排気量車の自動車税が罰則のように高額な日本の税制だって問題無し。

また、スバルにとっても貴重な3列シート車だ。こうやって考えると売らない理由を探す方が難しい。

唯一のネックになりそうなのは・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します