現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!

待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!
  • 待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!
  • 待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!
  • 待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!
  • 待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!
  • 待ちに待った3年ぶりの新型モデル!三菱 新型エクリプスクロスを日本初披露!
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された三菱の新型SUVの「エクリプスクロス」が日本で初めて公開された。

4月14日・15日に東京・お台場で開催されたモータースポーツジャパン2017のイベント会場で日本初お披露目されたのだが、久々の三菱の新型モデルということもあり、新型エクリプスクロスは多くの来場者の注目を集めていた。

新型エクリプスクロスは、コンパクトSUVのRVRとミッドサイズSUVのアウトランダー/アウトランダーPHEVのSUVラインナップに新たに加わるクーペタイプのクロスオーバーSUV。

今回展示されたのは欧州仕様車で、全長×全幅×全高は4405×1805×1685mm。4月に発表されたスバルの新型XVと同じくらいのボディサイズだが、クーペスタイルを採用したことでジャンルとしては中国で販売されているマツダ CX-4の立ち位置が近い。

エクステリアは、フロントフェイスに三菱の新たなデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」が採用された。ダイナミックシールドはアウトランダーやRVRにも取り入れられているデザインで、左右のフェンダーがフロントマスクまで回り込み、ボディをガードするような印象を受ける。

リアまわりでは、リアウインドウを上下に分割する一直線のLEDテールランプが特徴的だ。

室内はブラックとシルバーのモノトーンで、スポーティでありながら上質な雰囲気のインテリアとしている。

また、三菱初のヘッドアップディスプレイや薄型ディスプレイオーディオ、タッチパッドコントローラーなど、最新のデバイスも採用されている。

搭載されるエンジンは1.5リッターガソリン直噴ターボエンジンと、2.2リッタークリーンディーゼルターボエンジンが用意され、日本ではディーゼルモデルが・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します