現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?

ここから本文です
コラム 2017.4.12

「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?
  • 「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?
  • 「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?
  • 「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?
  • 「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?
  • 「車両価格おおむね180万円からのポルシェ 911」って実際どうなんでしょう?

▲ポルシェ 911というと「鬼のように高い」というイメージがあり、実際そのとおりではあるのだが、こちらの「タイプ996前期」であれば実はかなりお手頃相場。それって果たして買うべきか、買わざるべきか……

「911=自分の人生とは無縁」と思うのは間違い

「わたしの愛車はポルシェ911です」

……なんとグッとくるフレーズだろうか。いやもちろん人によっては「愛車はフェラーリ488GTBです」とか「愛車?テントウムシことスバル360ですが」という方がグッとくるのかもしれない。しかし筆者の完全独自調査によれば、健康な自動車愛好成人男性の約6割はこのフレーズにグッときて、いつの日かそのフレーズを人前でさりげなく発したいと考えている。つまりはポルシェ911という車に憧れ、できることなら購入したいと考えているのである。

しかし「憧れる」というのは、裏を返せば「その実現はなかなか困難である」ということでもある。

例えば「わたしは駅前のスーパーへ行くことに憧れている」というのは、よほど特殊な事情がある人以外は発しないフレーズだろう。「憧れ」という言葉は「実現困難」と半ばイコールなのだ。

ということで「ま、憧れは憧れにすぎないっつーことで911については考えるだけムダだから、とりあえず近所のネッツトヨタでタンク買って熱海にでも行くか。わはは。で、BBQか刺身でも食おうじゃないか」と考えるのが、いわゆる普通の思考および行動であろう。

……ネッツトヨタでタンクを買い、なぜか今どき熱海に行くのも決して悪くないとは思う。しかしポルシェ911という車の購入を単なる憧れ=ほぼ不可能なことと思考停止的に考え、無理やり忘れたつもりになるのは決して「正しい行動」とは言えない。

なぜならば、ポルシェ911という車は中古であれば実はかなりお安いからだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します