ここから本文です
コラム 2017.3.24 レポート:島下 泰久

最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mao*****|2017/03/24 16:16

    違反報告

    EVも化石燃料から発電した電気で動かしている。HVは原油から作り出したガソリンで内燃機関を動かしてそのエネルギーの一部を余分な装置で電気エネルギーに変えモーターで補助している。動力が電気になってもガソリンのままでも元々は化石燃料であることは間違いない。何も変わらないということ。発電の時の公害か排ガスの時の公害の程度の違いだけである。あたかも未来が電気自動車に全てが変わるみたいな幻想は間違いである。
  • jin*****|2017/03/24 13:27

    違反報告

    あくまでも私見ですが、パワートレインは、EVと内燃機関(ガソリン、ディーゼル)に対局化されていく気がします。
    ヨーロッパ中心に、電力事情が良好な地域では、環境への影響も考えてEVに移行していく気がしますが、
    電力供給が安定していない発展途上国や、そして我が道を進んでいるアメリカは、ガソリンを中心とした内燃機関のままのような気がします。
  • sny*****|2017/03/24 12:53

    違反報告

    これも大事だとは思うけど、とりあえず。。。自動ブレーキを全車標準装備にしてほしいな。どこのメーカーも一番下のグレードを買うと間違いなく付いてないから。とりあえず全グレードも自動ブレーキは標準装備でしょ?これからの時代。
  • pwj*****|2017/03/27 18:24

    違反報告

    エコカーはいいんだが、現行の日本の課税方式はおかしい!日本国民が声をあげなきゃいけない。
    エコカー普及の名の下、エコカー減税が実施されたのはいいが、税金の減収ぶんを旧車の自動車税を増税する今のやり方はやめてほしい。古いクルマのほうが税金が高くなるなんて世界でも日本だけ!
    税金ってのは贅沢品にかけるのが原則。それなのに総額四百万もするプリウスを買うことができる富裕層が減税の恩恵を受けて、古いクルマを買い換えられない層が増税となるのは逆進課税も甚だしい。
    これは新車を売りさばきたいメーカーの圧力に政治家や役人が屈したせいだ。贅沢品に課税するという累進課税の原則まで変えてしまう政治家も情けないが、そんな政治家を選んだ国民も悪い。
    今後エコカー開発が熾烈を極めるに当たって課税方式を調整しなきゃいけないと思う。現状の課税方式はひどいことは間違いない。
  • ken*****|2017/03/25 07:32

    違反報告

    日産eパワーだと思うよ。
    シンプルな構造だから、コストが○
    改良が進んで燃費も良くなるだろうし、価格の面でも期待できる。
    EV体験ができるから、試乗してみて。
  • pet*****|2017/03/25 06:52

    違反報告

    最新事情が鳥観でき、久々に読み応えのある記事でした。
    最近はEVスタンドの順番待ちといったインフラの問題を感じています。
  • kus*****|2017/03/25 05:52

    違反報告

    子供の頃、ガソスタの地上タンクが結構あった。ガソリンスタンドの開設費用は現在よりはるかに廉価だった。
    現在地下埋設で定期点検や取り替えは厳しく、それがガソスタの経営を圧迫しているため、急激に減少している。早晩ガソリン給油に不便を生じる時が来る。
    そのことを考えると、水素ステーションの普及が如何に困難かは、素人でも分かる。
    記事は、費用負担の視点が抜け落ちている。
    燃料補給インフラ無くして自動車は成立しない。その意味で、次世代パワートレインの可能性はEVしかない。水素はステーション間移動に限定できる公共機関や長距離運搬には使えるが。
  • cha*****|2017/03/24 18:36

    違反報告

    個人的には水素を使った燃料電池に期待してる。
  • tab*****|2017/03/26 11:46

    違反報告

    FCVの先はない。ケイレツを守り参入障壁を高くしているだけで消費者に対して全く利点がないから。

    次世代の車はEV。コストの高いエンジン、冷却装置、トランスミッション、マフラー等の部品が全く不要になるので、参入障壁がものすごく下がり、もっともっと車は安く作れ、今よりも消費者に負担の少ない金額で提供できるから。衝突しない車になるとフレーム(ボディ)も鋼板ではなく、樹脂化することも可能です。(車検制度も要変更)

    アイディアとソフトウェア制御技術の優れたメーカー(人)が国に関係なくEV車のデザイン(規格)を制覇するでしょう。国内の自動車メーカーは今まで通りの人材の採用・活用・昇給、環境を貫くならば、将来は単なる下請け組立工場と化します。これも脅威と感じてFCVというのを作ったのです。

    バッテリーの航続距離や充電時間の問題も、ある事をするば、今すぐにでも解消可能。(知っている人は知っています)
  • sya*****|2017/03/25 03:51

    違反報告

    この写真のプリウスはかっこいいと素直に思った