現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

ここから本文です
コラム 2017.3.24 レポート:島下 泰久

最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

パナメーラ ターボS Eハイブリッド(写真:ポルシェAG)

PHV:次世代パワートレインの主役になれるか

トヨタ プリウスPHVが飛躍的な進化を遂げた新型になった。三菱 アウトランダーPHEVとあわせて、いよいよPHV=プラグインハイブリッドが、次世代パワートレインの主要プレイヤーのひとつとして市民権を得てきそうな気配である。

ヨーロッパ勢も沢山のPHVを導入しているが、これらは現状ではヨーロッパのCO2規制をクリアするための存在という域を出ておらず、PHVのメリットは活かしきれているとは言い難い。電気モーター走行中はいいが、ハイブリッドモードになるとバッテリーが重く、1モーター故に効率は今ひとつのクルマになってしまうのだ。ハイブリッドモードで、プリウスと同等の燃費を実現したプリウスPHVは、その点で図抜けていると言える。

その他のPHVの課題は、やはり価格だ。エンジン、電気モーター、大容量バッテリーまで積むとなれば、それも当然。現状では、プリウスPHVでもまだ新しもの好きの、懐に多少なりとも余裕のある人向けと言っていい。構成部品の多さは、パッケージングの自由度にも効いてくる。実際、プリウスPHVは荷室の床が底上げされ、後席が2人掛けになってしまった。SUVならスペースの犠牲は少ないが、誰も彼もがSUVを欲しているわけではないわけで……。

しかしながらトヨタは、次世代パワートレインの主役はPHVだと宣言し、開発に力を入れている。またアウトランダーPHEVの技術に、親会社となったニッサンが大いに興味を示しているのもご承知の通りだ。そしてホンダも、何とクラリティのボディを使ったPHVを登場させると発表した。つまり日本の主要メーカーは、今ここに注力しつつあるというわけだ。

もちろんヨーロッパ勢だって現状に甘んじているつもりはない。最新モデルの中での注目は、何と言っても「ポルシェ パナメーラ ターボS Eハイブリッド」だろう。従来のターボSが、言わばターボのブーストアップ版だったのに対して、最新のハイエンドモデルは、ターボのエンジンを使ったPHVとして仕立てられた。PHVをパフォーマンス向上アイテムとして使ったのだ。最高出力はターボの550psに対して、驚きの680ps。こうした存在こそ、PHVのメジャー化に大いに貢献するに違いない。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mao*****|2017/03/24 16:16

    違反報告

    EVも化石燃料から発電した電気で動かしている。HVは原油から作り出したガソリンで内燃機関を動かしてそのエネルギーの一部を余分な装置で電気エネルギーに変えモーターで補助している。動力が電気になってもガソリンのままでも元々は化石燃料であることは間違いない。何も変わらないということ。発電の時の公害か排ガスの時の公害の程度の違いだけである。あたかも未来が電気自動車に全てが変わるみたいな幻想は間違いである。
  • jin*****|2017/03/24 13:27

    違反報告

    あくまでも私見ですが、パワートレインは、EVと内燃機関(ガソリン、ディーゼル)に対局化されていく気がします。
    ヨーロッパ中心に、電力事情が良好な地域では、環境への影響も考えてEVに移行していく気がしますが、
    電力供給が安定していない発展途上国や、そして我が道を進んでいるアメリカは、ガソリンを中心とした内燃機関のままのような気がします。
  • sny*****|2017/03/24 12:53

    違反報告

    これも大事だとは思うけど、とりあえず。。。自動ブレーキを全車標準装備にしてほしいな。どこのメーカーも一番下のグレードを買うと間違いなく付いてないから。とりあえず全グレードも自動ブレーキは標準装備でしょ?これからの時代。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します