現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

ここから本文です
コラム 2017.3.24 レポート:島下 泰久

最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?
  • 最新パワートレイン事情まとめ。未来の主役はどれだ?

プリウス(写真:トヨタ自動車)、ノート e-POWER(写真:日産自動車)

ハイブリッド:バッテリー容量の拡大が今後のキーに

先日、トヨタのハイブリッド車の累計販売台数が1千万台を突破したという発表があった。初代プリウスがデビューしてから、20年での偉業達成である。

そんなハイブリッド車だが、日本ではもはや当たり前の存在になっていると言っていい。これは世界でも類を見ない、驚くべき状況だが、ここに来てヨーロッパでも、マイルドハイブリッドまで含めれば急速に、存在感を増してきている。それには、やはりディーゼルの優位性が失われつつあるのが大きそうだ。クルマを道具として見て、ランニングコストを含めた価格を重視して選ぶならば、今後はますますディーゼルの美味しさは損なわれていく可能性が高い。一方でハイブリッドは相対的にコストが下がってきて、魅力を増してきているのである。

日本の、しかも都市部で乗るならば、ハイブリッド車の燃費は他の追随を許さない。車両価格の差を回収するまでにはどれだけの距離を乗らなければいけないのかと考えると疑問符はつくが、ハイブリッドの価値は単にコストだけではない。そのリニアで滑らかなパワー感、モーターによる静かで滑らかな発進の魅力も、見逃せない部分だ。

トヨタTHS-IIのシリーズ・パラレル式のように、走行中も頻繁にエンジン停止し、車庫入れの際などには電気モーターだけでの走行も可能となると、やはりメリットは大きい。今やすっかり当たり前になった感もあるが、いざエンジン車に戻ると、なんとも粗野な乗り物に思えてしまったりもするほどである。

ニッサンがノートに搭載してデビューさせたe-POWERも、その旨味を更に伸ばしたハイブリッドという中に括るべきだろう。これも一度体験してしまうと、小排気量ガソリンエンジンに戻るのは難しいに違いない。いや、プリウスやアクアのTHS-IIすら古臭く感じさせるほどの破壊力があると言ってもいい。

そんなハイブリッドの今後は、バッテリー容量の拡大がひとつのキーになりそうだ。プリウスであれノートe-POWERであれ、もう少しエンジンが始動するのが先ならば、燃費も稼げるし、ドライビングフィールだって良くなるはず。かと言って外部充電はしなくても良く、要は今まで通りに使えればいい。コストとの兼ね合いはもちろんあるが、この方向性はアリだと思う。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mao*****|2017/03/24 16:16

    違反報告

    EVも化石燃料から発電した電気で動かしている。HVは原油から作り出したガソリンで内燃機関を動かしてそのエネルギーの一部を余分な装置で電気エネルギーに変えモーターで補助している。動力が電気になってもガソリンのままでも元々は化石燃料であることは間違いない。何も変わらないということ。発電の時の公害か排ガスの時の公害の程度の違いだけである。あたかも未来が電気自動車に全てが変わるみたいな幻想は間違いである。
  • jin*****|2017/03/24 13:27

    違反報告

    あくまでも私見ですが、パワートレインは、EVと内燃機関(ガソリン、ディーゼル)に対局化されていく気がします。
    ヨーロッパ中心に、電力事情が良好な地域では、環境への影響も考えてEVに移行していく気がしますが、
    電力供給が安定していない発展途上国や、そして我が道を進んでいるアメリカは、ガソリンを中心とした内燃機関のままのような気がします。
  • sny*****|2017/03/24 12:53

    違反報告

    これも大事だとは思うけど、とりあえず。。。自動ブレーキを全車標準装備にしてほしいな。どこのメーカーも一番下のグレードを買うと間違いなく付いてないから。とりあえず全グレードも自動ブレーキは標準装備でしょ?これからの時代。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します