現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた

スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた
  • スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた
  • スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた
  • スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた
  • スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた
  • スズキ ワゴンRの新型と旧型を比べてみた
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

スズキワゴンRは軽自動車の主力車種。後席を含めて居住性が優れ、広い荷室にアレンジできる。収納設備も豊富に用意した。

販売台数はさらに背の高いホンダ N-BOXやダイハツ タントの方が多いが、機能のバランスはワゴンRが優れている。N-BOXやタントに比べれば荷室が狭く、スライドドアも装着されないが、その分だけボディが軽く重心も低いからだ。ワゴンRは実用重視の軽自動車でありながら、走行性能や燃費も満足できる。

ワゴンRは新型を2017年2月に発売して、従来型と同様に高い実用性を備えながら、外観のデザインにも力を入れた。標準ボディのハイブリッドFZは、ハイブリッドFXやFAとはフロントマスクの形状が異なる。上級のスティングレーを含めて、3種類の形状を用意した。

また従来のSエネチャージと呼ばれる低燃費技術は、制御を変更してハイブリッドに進化させた。あくまでもマイルドタイプのハイブリッドだが、JC08モード燃費は33.4km/Lだから、全高が1600mmを超える軽自動車では最も優れている。

ワゴンRは先代型、2世代前の車種を含めて膨大に売れた。従来型からの代替えを考えている読者諸兄も多いだろう。そこでワゴンRの新旧比較を行いたい。

軽自動車のボディは、どの車種も規格枠いっぱいの寸法で造られている。ワゴンRも同様で、全長の3395mm、全幅の1475mmは新旧ともに同じだ。全高は新型が1650mmで、先代型のFZやスティングレーよりも10mm低い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2460mmだから、先代型に比べて35mm伸びた。

外観のデザインは、先代型と2世代前が似ていたこともあり、新型は大幅に変更された。標準ボディのFXとFAはシンプルで、ハイブリッドFZはランプの部分をボディ同色のパネルで上下に分けている。上側は車幅灯/ハイビーム/方向指示機で、下側にはLEDのロービームを装着した。先代型に比べて存在感が強い。

スティングレーは先代型との違いがさらに際立ち、LEDの車幅灯やヘッドランプを縦方向に配置して・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します