現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?

ここから本文です
コラム 2017.3.15

「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?

  • みんカラ つぶやく
「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?
  • 「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?
  • 「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?
  • 「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?
  • 「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?
  • 「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?

▲「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」でインポートカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは現行アウディA4シリーズでしたが、カーセンサーの方では20数年前のコレが栄冠に輝きました!

「問い合わせ率」の異様な高さが受賞の決め手に

2017年1月末に発表された「2016エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」で見事1位に輝いたのはポルシェ911(タイプ964)だった。

エッジ・カー・オブ・ザ・イヤーは、過去1年間にカーセンサーnetに掲載があったすべてのモデルを対象に、カーセンサーならではのビッグデータ(総掲載台数/ユーザーからの問い合わせ総件数/掲載1台当たりの問い合わせ集中率)を独自のルールでポイント化。輸入車の中でそのポイント数順にランキングを作成し、1位となったモデルが「イヤーカー」となる仕組みだ。

今回1位に輝いたポルシェ911タイプ964とは、89年途中から93年12月まで販売された空冷エンジンを搭載する911。「最後の空冷911」というわけではないが、初代911から脈々と続いた伝統のカエルの目玉的(?)ヘッドライト形状を採用した最後のモデルであるなどの理由から、生産終了後も世界中のフリークを魅了してやまない人気者であり続けている。

とはいえ最終型でも24年落ちとなる古いモデルゆえ、過去1年間の掲載台数は少なめである。その数は輸入車部門2位につけたポルシェ911タイプ996の約半分であり、同3位となった現行ポルシェ911の約4割。そんな964がなぜ1位に輝いたかといえば、「問い合わせ率」が異様に高いからだ。掲載台数そのものは少ないが、掲載されればほぼ確実にユーザーからの問い合わせが入りまくる……ということである。20年以上も前の、あえて悪く言うなら古くさい、決して「最良」ではないポルシェに、人は今なお強烈な魅力を感じていることの証左と言えるだろう。

だが今、筆者個人にとっての関心事は964という車の魅力についてではなく、「その相場は今後どうなるか?」ということだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jwu*****|2017/03/15 10:53

    違反報告

    やっぱりカッコいいと思うのはこのぐらいのポルシェまで。
  • mh1*****|2017/03/15 12:36

    違反報告

    これから、年数が経てば個体もどんどん少なくなっていくし、無い物ねだりで、急落する可能性は少ないのでは?!
    空冷ファンは多いし、本当に好きな人はなかなか手放さないしね!
  • mr_*****|2017/03/15 11:12

    違反報告

    問い合わせの数で決まるってシステムがね。
    空冷の高騰でどの店も手の内見せずかませで値段ASKだったからね。こうなることは必然でしょ。

ポルシェ 911の購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します