現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV

新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV
  • 新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV
  • 新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV
  • 新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV
  • 新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV
  • 新型XVはスバルAWDの原点に!“スポカジ”スタイルでも実力は本格SUV
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

次世代スバルの要となる「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」と「ダイナミック×ソリッド」を全面採用第2弾となるスバルSUVシリーズの末っ子、新型“スバルXV”。

元々は欧州や中国からのリクエストから生まれたモデルだったと言うが、導入するとスバル自身も驚くほどの人気を博し、今やベースのインプレッサを超える販売台数を誇る基幹車種へと成長した。そんな新型について、開発責任者の阿部一博氏はこのように語る。

「昨今、各メーカーから様々なクロスオーバーSUVが登場していますが、XVの属するCセグメントはタウンユースを意識したモデルが多いです。もちろん、新型は都会的でも映えるデザインを採用していますが、機能の部分はオンロードからラフロードまで道を選ばないスバルSUVの名に恥じない走破性を備えています」。

エクステリアは従来モデルモデルで好評を得た「スポーツカジュアルスタイル」をより強調させるために、フロントマスクは専用デザインとなった。

デザインのキーマンである石井守氏は、「従来モデルはインプレッサと同じ顔つきでしたが、新型はグリル周りのバランスを変えています。インプレッサのより低く見せるデザインに対して、XVはより力強さと安心感を強調させています。グリルは一般的にはメッキなどで加飾するケースが多いですが、今回は下部のクラッディングと同じシボを用いています。これによりセンターの“六連星”を守り、より際立たせる印象を与えています」。

一方、サイドはクラッディングとキャラクターラインの角度を合わせることで動きがより洗練された印象を受ける。

「全幅を1800mmに抑えたかったので、従来モデルよりクラッディングの幅は狭いですが、視覚的には張り出して見えるような工夫をしています。ホイールは従来モデルのデザインが好評でしたので、踏襲しながらもより進化させたデザインに仕上げています。タイヤは1サイズアップしましたが・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します