現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう

ここから本文です
コラム 2017.3.19 レポート:小沢 コージ

環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう

  • みんカラ つぶやく
環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう
  • 環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう
  • 環七の自転車レーンはアレで安全なのか? 自転車を本気で考えよう

写真:小沢コージ

スキマがないところに無理やり

最近、またまた増えつつある自転車専用レーン。露骨に自転車が増えてるようだし、事故を含めて社会問題化してるからでしょうけど、なんだかねぇ…ってものも多いです。というかいま東京都には東京オリンピック2020までに自転車が走行“しやすい”空間を約400km確保するという目標があるようで、考えてみるとこの“しやすい”がキモですな。

例えば、小沢もよく通る都内の環七通り。気付いたら自転車マークやら矢印やらが道路に付いてますけど、ズバリかなーり無理やり。もともと道が太くて余裕があった車道に自転車専用レーンが出来るならいいんですけど、かなりの部分、スキマがないところに無理やり「ここ走ったら?」程度に付いているだけなんで、走りづらいこと走りづらいこと。

見てると路線バスが被ってるところもあるし、俊敏なスポーツサイクルならいざ知らず、ここを前後に子供を乗せたママチャリが走ったらどうなるんでしょうか? 正直、歩道を走った方がよっぽど安全で、実際に環七のこの場所で走ってる人はほぼ皆無。みんな歩道を走ってます。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します