現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!

ここから本文です
コラム 2017.3.1

高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!
  • 高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!
  • 高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!
  • 高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!
  • 高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!
  • 高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!

▲2気筒0.9Lの「ツインエア」に関してはなかなか相場が下がらなかったフィアット 500ですが、ここへきてようやくお手頃ゾーンへと近づいてきた模様です!

確実に下がってきた相場。しかも故障などのネガ要因はほぼなし

ポップで可愛らしいデザインから万人に人気で、そして意外とパンチの利いた走りも楽しめるということで、ディープな車好き男性からも愛されているフィアット500。ただ、人気車だけに中古車相場はなかなか下がらず、なかでも一番パンチの利いた走りが堪能できるツインエア系(2気筒の0.9Lエンジン搭載車)は長らく高値安定状態が続いていました。具体的には、新車価格215万円だった10~12年式ツインエアポップが、中古になっても150万~180万円……みたいな。

しかしここへきてついに、人気のツインエア系もグッと安くなってきたことにお気づきでしょうか?これまでの相場は前述のとおり10~12年式ツインエアが150万~180万円ぐらいでしたが、現在はおおむね110万~140万円でも十分探せるようになったのです。それもボロめの過走行車ではなく、走行距離せいぜい1万kmから4万kmぐらいのものが、です。

中古車相場が安くなるというのは「ネガティブな要因」とセットになっている場合もあるものです。例えば、走行距離が増えてくるとトランスミッションの故障が妙に多くなるとか、エンジンの特定のシリンダーに焼き付きが起こる……なんてことが発覚した車種は、いくら走行距離少なめの個体でも相場はガンガン下がります。そういった車種を安く買っても、絶対ではありませんが、後で多額の修理代がかかる場合もままありますので、いくら安くてもあまりオススメはできません。

しかし、フィアット500ツインエアの場合は特にネガな要因は報告されておらず、セミATの「デュアロジック」についても壊れやすいということはない模様。もちろん、年に一度か2年に一度の定期点検すら受けていないような個体だと話は別ですが、ごく普通レベルに丁寧に維持されてきた個体で、極端に過走行でさえなければ、基本的にはフツーに平和に維持できるはずです。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します