現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず

新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず
  • 新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず
  • 新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず
  • 新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず
  • 新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず
  • 新型プリウスPHV大進化 大容量バッテリーで普段使いならガソリン使わず
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

初代モデルの登場から5年、2代目となるトヨタ新型プリウスPHVが2017年2月15日、いよいよ発売された。

新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド)最大の特徴は、”充電が出来る”という点だ。

プラグインハイブリッドは、電気自動車とガソリン車の良いところを融合させたモデルで、国産車では先代プリウスPHVをはじめ、三菱 アウトランダーPHEV、輸入車ではメルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲン、アウディなどもPHVモデルをラインナップしている。

充電した電力で走行するEVモードを備えると同時に、万が一の充電切れでもガソリンを用いてハイブリッド車としても走行できる点が大きなメリットになる。

新型プリウスPHVは、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載することで、EVモードでの走行距離が68.2kmと、初代モデルの2倍以上も長く走ることが可能になった(初代モデルのEV走行は26.4km)。

普通充電では200Vで約2時間20分、100Vでは約14時間で満充電が完了するが、家庭用の配線を利用できるので、専用の配線工事が不要である。また、急速充電も利用可能で、この場合は約20分で満充電の80%まで充電することができる。

新型プリウスPHVで注目すべきなのは、普通充電と急速充電の他に、太陽光でも充電できるところだ。ルーフにソーラー発電パネル(オプション)を備え、太陽光で生み出した電力で走行する技術を新たに開発した。

実は初代プリウスPHVにもソーラー発電パネルが設定されていたのだが、車内の空気を換気するための電力を生み出していたにすぎず、実際に走行するための電力を発生させる仕組みは今回が世界初となる。

なお、太陽光で発電できる電力は1日最大6.1km分、天候によって発電量が左右されることもあるので、平均2.9km/日ということだ。

新型プリウスPHVは、2015年12月に発売された4代目プリウスがベースとなっているが、エクステリアのデザインは大きく変更され、より先進的なイメージとしている。

フロントで目を引くのは4眼のLEDヘッドランプだ。先行車のテールランプや対向車のヘッドランプを認識し、照射範囲を16個のLEDで・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します