現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由

日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由
  • 日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由
  • 日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由
  • 日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由
  • 日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由
  • 日産がトヨタを抜いた! プリウス、アクアにも勝った日産躍進の理由
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

2017年1月の登録車販売台数で日産が32年振りに1位と2位を獲得した理由はハッキリしている。どちらも日本国内市場を強く意識し企画されたクルマなのだった。

改めて軽自動車を含めた販売台数を見ると、ランキング上位陣の常連は日本のユーザーを重視して開発したモデルばかり。

なかでも顕著なのがトヨタ。昨年の販売台数を見たら1位のプリウスからして日本が世界最大の市場だし、2位のノア3兄弟についちゃ完全なる日本専用車。3位アクアだってプリウスと同じく日本市場が最も大きい。さらに4位シエンタ。5位カローラと日本専用車ばかり続く。

その他のメーカーの販売台数上位も、日本専用車か、日本&ヨーロッパ市場を強く意識して開発されたモデルばかり。やはり日本で売れるクルマは日本&ヨーロッパ向きの車種ということになる。

ちなみにヨーロッパ市場を強く意識した車種も最近急速に少なくなっており、これまた日本での存在感が薄れた。

こういった流れに逆行しているのはホンダだ。中国向けに開発したジェイドや、タイなど新興国向けのグレイス、アメリカ向けのアコードなどを日本に導入し、総崩れとなってしまった。

現在ホンダで売れているモデルは、日本とヨーロッパを強く意識したフィット(アメリカでは不人気)、ヴェゼルなど。

日本で売れそうに無い車種を導入する流れは止まっておらず、8月にアメリカ向けの・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pin*****|2017/02/16 11:36

    違反報告

    日産がトヨタを抜いたのではなく、アクア・プリウスをノート・セレナが販売台数を単月で抜いただけ。
    あと、プリウスの不細工さも原因のひとつかもね。
    また、アクア・プリウスはハイブリット専用車、ノートはガソリン・eパワーの併売モデル。(※eパワーの比率は高い)
  • ngy*****|2017/02/16 10:53

    違反報告

    今更この記事?
    国沢さん期待よりPVを稼げなくてお困り中?
  • kus*****|2017/02/16 11:45

    違反報告

    確かに。。日本市場の特殊性は否めないね。 トランプがいくら恫喝しようが、アメ車は日本では売れないことの再確認かな。
    トヨタは、日本市場500万台体制とか、下請けの保護とか色々あって、日本のどちらかというと、世界標準からするとガラパゴユーザーに特化してきたことは、業界の通説。今更これを取り上げるか?
    日産以下は、日本市場でトヨタと争っても費用対効果が低いから避けていた。
    やっと、国内市場に経営資源を投資できる環境になったってことだけど、軸足は、やはり日本市場ではない。

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します