現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?

ここから本文です
コラム 2017.2.15

フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?

  • みんカラ つぶやく
フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?
  • フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?
  • フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?
  • フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?
  • フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?
  • フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?
  • フツーは普通に高いはずの「イケてる輸入4ドアクーペ」が100万円台で狙えちゃうこと、ご存じでした?

▲その車の名前はズバリ「現行ボルボ S60」の初期年式です!

同ジャンルの人気車は軒並み300万円超級だが、なぜかこれは100万円台

「4ドアセダン=おっさんの権化」みたいなイメージもなくはないですが、セダンとよく似たスタイルの「4ドアクーペ」だと、なぜかいきなり「イケてる!」という高評価になるのが最近の世の中。実際4ドアクーペというジャンルは今、世界中でなかなかのトレンドになっています。代表的な人気モデルはBMW4シリーズグランクーペやメルセデス・ベンツCLSクラス、アウディA5スポーツバックといったところでしょうか。

ということで、今が旬な輸入4ドアクーペをぜひ狙ってみたいところですが、難点が一つあります。それは「ぶっちゃけ高い」ということです。

や、古い年式の中古車でもよければ比較的安価な輸入4ドアクーペもありますし、それはそれでシブい選択です。しかし今流行中なのは「新しくてシュッとした感じのラグジュアリーな4ドアクーペ」ですので、古めのやつだとまた違うジャンルの話になっちゃうんですね。

新しめの輸入4ドアクーペを狙うとなると、例えばBMW4シリーズグランクーペだと最初期の14年式でもおおむね370万円以上。ボリュームゾーンは420万~480万円付近です。……正直、誰もがイージーに狙える価格帯とは言い難いものがあります。

となれば「じゃ、あきらめるか」と考えるのが普通ですが、もしもステキな輸入4ドアクーペを本気で狙っているのであれば、簡単にあきらめる必要はありません。なぜならば、車両価格110万~160万円付近で狙えてしまうナイスな現行モデルだってあるからです。

その車の名前は「ボルボS60」です。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

ボルボ S60の購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します