現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか

スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか
  • スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか
  • スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか
  • スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか
  • スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか
  • スズキが1年半振りに新型軽自動車を投入、大本命「新型ワゴンR」で勢い取り戻すか
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

まもなく、スズキの主力軽自動車ワゴンRがフルモデルチェンジする。調べてみたらスズキの主力商品である軽自動車のフルモデルチェンジ&新型車は、2015年6月のラパン以来。何と1年半ぶり。スズキのような軽自動車をフルラインナップで揃えているメーカーとしては異例だ。低迷から抜け出せるだろうか?

ちなみに、昨年スズキは『イグニス』と『バレーノ』なる白ナンバーの普通車を新規車種として発売している。軽の新型車ゼロに対し、スズキの主力と思えない新型普通車を2車種も出したワケ。

ここから想像出来る通り、スズキとしては軽自動車に頼る一本足打法から抜け出そうとしていたのだった。

御存知の通り軽自動車市場は登録車を含む乗用車の販売シェアで40%に到達した後、低迷が始まる。

2016年の販売シェアを調べたら、すでに32%まで低下。しかもホンダや日産などブランドイメージの良いメーカーの参入により、スズキの“伸び代”は期待出来なくなってきた。

そんなことから普通車に注力したのだけれど、結果惨敗。スズキというブランドイメージ、普通車市場だと無いに等しい。ユーザーのショッピングリストにスズキの名前は上がらない、と言い換えれば解って頂けるだろうか。スズキが売っているのは・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します