現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か

レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か
  • レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か
  • レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か
  • レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か
  • レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か
  • レクサス 新型LS、今回の公開はごく一部!ミラーレスなど先進技術の目玉は順次披露か
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

初代LSはレクサスブランドの幕開けとして28年前のデトロイトショーで登場。世界基準の高級車としてゼロから開発、特に圧倒的な静粛性と滑らかな走りは、世界のライバルにも大きな影響を与えた。

現行モデルとなる4代目は2006年に登場、2012年にスピンドルグリルを採用したエクステリアは刷新されたインテリアなど主要構成部品約6000点を変更するビッグマイナーチェンジ(レクサスはメジャーチェンジと呼んだ)を行うも、すでに登場から11年が経過。レクサスのフラッグシップでありながら、やや放置気味な感があったのも事実。

今回、5代目となる新型はスポーツクーペ、LCに続く新世代レクサスとしてゼロから開発された。開発する上でのキーワードは『よりエモーショナルに』、『よりエキサイティングに』、『より先見的に』だったと言う。

チーフエンジニアの旭利夫氏は、「歴代LSは静粛性、快適性、滑らかな走り、品質の高さなどは支持された一方、エモーショナルやエキサイティングと言った“五感に訴える”部分は弱いと思っていましたので、レクサスのフラッグシップとして11年ぶりに刷新する上では、ライバルであるメルセデス・ベンツ Sクラス、BMW 7シリーズ、アウディ A8よりも“ちょっといい”ではなく“凄くいい”でなければダメです。そのためには、大きく変える必要があったと言うわけです」と語る。

すでに様々な自動車メディアでプレスリリースをベースにした第一報が公開されているが、ここでは実際に実車を見た筆者からもう少し具体的な情報をお届けしたいと思う。

新型LSの特徴の一つが『デザイン』。後席空間を重視するセダンとしての機能を損なわずに6ライトキャビンのクーペシルエットを採用。ボディサイズは全長5235×全幅1900×全高1450(mm)、ホイールベースは3125mmとなっているが、低重心かつシャープでダイナミックなデザインは素直にカッコいいと思うし、ライバルとは一線を画する独自性があると感じた。

レクサスのアイデンティティの一つであるスピンドルグリルは、従来のレクサスでは取って付けた感が否めなかったが・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します