現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > 巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ

巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ
  • 巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ
  • 巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ
  • 巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ
  • 巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ
  • 巨漢ミニバン、ホンダ 新型オデッセイ公開!全幅2メートル超えは日本ではデカ過ぎ
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

ホンダは北米国際自動車ショー2017で、北米向けの新型「オデッセイ」を初公開した。

少しラギッドな感じがあった前モデルと比べると、ヨーロピアンな香りがするようなエレガントな風貌に生まれ変わった。フロントマスクは、アクティブ・シャッター・グリルを採用。ボディサイドはベルトラインが独特のエッジを効かせている。

新型開発のテーマは「家族が皆、ハッピーになること」。そのために、最も注力したのはNVHだ。リアサスペンションを全面改良して乗り心地をアップ。ノイズについては、車内への前席のお父さん・お母さんの声が、3列目の子どもたちにもしっかり伝わることを、開発の軸足に置いた。

また、2列目は前後左右にスライドする、マジックスライドシートを採用。車内での多彩なシートアレンジにより、家族構成や利用シーンに応じた「ハッピー」を追求した。

車内での“ハッピー”のためには、エンターテイメント装備を拡充。前席では8インチのタッチディスプレイ上に車内で活用できる多彩なアプリを搭載。また、後席からスマートフォンのアプリを使って室温調整などが可能だ。

エンジンは、3.5リッターV6を改良し、前モデル比で最高出力は32馬力アップの280馬力。トランスミッションは標準車が9速ATで、上級モデルには・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します